2010年06月30日

小さな一歩

山口もえさんって、きれいだね。 ほんわかしたメイクがよく似合ってる。 TVを見ていて、朝から華やかな気分になった。 コメント聞いていると、嫌味がまるでない。 「昨日のサッカー観戦、よく飲んだ。」って。 しゃべり方からほわ?っとした人にイメージするけど、 コメント力はすごいよ。頭いい。素敵な人。 さて、昨日の日記。 加藤諦三さんの本を読んだ。 「うつ病」の人に向けたもの。 うつ病の人の根底にあるもの、そして、何を求めているのか、 うつ病になる過程から説明してあった。 そして、どうすることによって、 回復へと変化を起こすことができるのか? たまたまそのあとに読んだ本に、より具体的に アプローチの方法が書いてあった。 ウィリアム・エドワーズ・デミング博士は、 大恐慌時代のアメリカの製造業者を支援する品質管理チームにいた 統計学者だ。 デミング博士は指示した。 「小さな改良を続け、それが習慣として身につけば、すべては変わる。」と。 この手ぬるそうな小さなステップが、やがてアメリカの生産能力を 上げる促進力となったのだ。 戦後の日本にも適用した。日本企業の経営不振を打開するため マッカーサー元帥は、上記の考えを推進しているアメリカ政府の専門家を 日本に呼び寄せた。そのメンバーの一部が、 「変化に向けて、日々小さな一歩を実践する習慣」の重要性を力説した。 大きな変革は続かない。不満がふつふつと沸き、苦悩で押しつぶされる。 ロバート・マウラー氏は臨床心理士で、この「小さな一歩を実践する習慣」を 「個人の成功」に応用した。 ほんの小さなこと。 あるクライエントに、「一日一分、TVを見ながら足踏みをする。」 という課題を出す。 それができると、自信がつく。 すると自ら、次のステップに進もうとする。 やがて、クライエントは、本格的なフィットネスプログラムにも 抵抗がなくなったという。 小さな一歩は、「恐怖」と「怒り」を迂回できる。 やってみようじゃないの。 一日一回、傾いたものを直すところから。
posted by akane | Comment(0) | 日記

2010年06月29日

元気の源、野菜スープ。


ここ数日、無性に野菜が食べたくなる。
スープにしてどっさり食べる。
一昨日は根野菜のスープ。

蒸し暑い一日の終わり。
昨晩もほとんど野菜。

・かぼちゃの鶏そぼろあんかけ(思いっきりしょうがを利かす。)
・長芋短冊のわさび醤油がけ(これまたわさびを利かす。)
・ハタハタの塩焼き(今度は塩を利かす。)
・野菜のスープ(これはあっさり。チンゲンサイを入れて中華風。)

soup

自然の恵みで元気をもらう。

食べてたら、宅配便が届いた。

石川の姉から。

この時期送られてくるといえば、氷室饅頭(ひむろまんじゅう)!

金沢の伝統菓子。

少ーし、お酒の味がする。

こうやって、毎年姉が送ってくれるおかげで、
私は、石川のことを忘れずにいられる。

sake

手前のが、「八講屋」さんの。全部、こしあん。
奥のが、「たかくら」さんの。白がこしあん、ピンクが白あん、
緑がつぶあん。



お饅頭と一緒に、野菜が入っていた。
姉が作った新鮮野菜。

うれしっ!
モリモリ食べちゃう!

fresh vegetables

今日は、エスニック風といきますか!




posted by akane | Comment(0) | 日記

2010年06月28日

強くなる。ぜったい強くなる。

昨日、ふと頭の中を・・・ 「Mercy, Mercy Me」  Marvin Gaye 昨晩、それまで長袖でトレーニングしていたのを タンクトップに替えた。 ダンベルを持ち上げて腕や肩を動かしたあと、 筋肉に手を置いた。 熱い。 どこの筋肉がよく働いたのかが分かる。 氷を浮かべたプロテインをゴクリ。。。旨い! 残るは、腕立て伏せ。 がーーーーっとやって、わーーーーっと汗をかく。 そのあとのお風呂は、最高デス!(^^)! dumbbell
posted by akane | Comment(0) | 日記

2010年06月27日

いいことも悪いことも。

今年の梅雨は、晴れの日もあって過ごしやすい・・・なんて のん気にしてたらとんでもなかった。 梅雨はこれからまだまだ続くのであります。 冬に大掃除したとき、家具の裏に一面のカビを発見。 花粉症の時期になると洗濯物を部屋の中に干していたのが 災いしている。 こりゃいかんと、決断。 市場に出回る時期になり入念にリサーチ。 そしてついに昨日、底値でゲット! humidity パナソニックの除湿機。 ウキウキ、わくわく、2時間後には1リットルくらい溜まってた。ふふっ。 でもね?、フロンを使ってなくて冷却機能がないから、 気温が上がってちょっと暑いんだわ・・・・。 いいのよ、いいのよ。それくらい。 水が溜まるの、変な充実感。 <追記> パソコンを新しくして3週間。 サクサク動いてラックラク・・・・でも、なんか疲れる。 どうやら、あたしのお目目が、ピカピカ、大画面に ついていけてない模様。。。 ほんで、引っ張り出したる以前のディスプレイ。 メーカーのおねえさんにも問い合わせ、パソコン通のI先生にもお尋ねし、 「アナログ式のものは、デジタル式の今のパソコンでは使えない」 という結論に至り、やむなくお蔵入りしたもの。 だけど捨てがたい。 画面の大きさも反射しないのも、目にやさしい。 ダメもとで繋いでみたら・・・ 映ったよ! まったく支障なし。ただ、繋ぐだけ。初期設定なし。 で、実際試しての結論、 普通にインターネット見たり、文書を作るくらいなら、 8年前製造のアナログディスプレイでも対応します。 かならずしも、今発売しているパソコン全部に対応しないわけでなく、 コネクタによっては使えます。 本体背面のディスプレイ入力端子を確認してね。 もちろん、迫力満点、刺激大好き!って人は、 迷うことなくデジタルディスプレイ大画面やね。 このブログで前にアナログディスプレイが まったく「使えない」ように書いたの、 訂正します。 ついていけない自分に情けない気もするけど、 今、こんな風↓ old display 下は買った当初↓ new computer パソコンも体といっしょ。 どうにもならなくなる前に、ハードディスクやメモリ・・・ メンテナンスしていれば長く使えたんやね。
posted by akane | Comment(0) | 日記

2010年06月26日

止まるわけにはいかんぜよ。

昨日、昼過ぎから雨。今朝までしとしと雨が続く。 午後から雲マーク。雨上がるかな? さて、今日の注目。 「不登校の子どもが疲れやすいのは精神的なものではなく、  脳機能のバランスの悪さが背景にある。  今後どうすれば本来の脳機能を取り戻せるかを研究し、  子どもの疲労をカバーしたい。」 そう話すのは、子どもの睡眠と発達医療センター長の三池輝久氏。 三池氏は、理化学研究所分子イメージング科学研究センターなどでつくる 研究チームのメンバーである。 同チームは、「慢性疲労症候群」の子どもは、2種類の作業を同時に行う場合、 健康なこどもが文字の読み取りなどを担う左脳だけを使うのに対し、 直観力や独創力をつかさどる右脳も使うため疲れやすいとみられることを 突き止めた。 同症候群の子どもは、2種類の作業を同時に行う「注意配分機能」が 健康な子どもに比べ低いことを確認。 ひらがなの文章を読んで「あいうえお」の母音に丸を付けながら、 文章の内容も理解する作業を指示。 同症候群の患者17人のうち9人が、左脳の前頭葉にある「左下前頭回」と 呼ばれる部位に加え、右脳の「右下前頭回」も使っていた。 健康な子どもは使っていなかった。 ・・・・(25日、日本疲労学会にて発表) 単に、怠けてるとか精神的に弱いとか、決めつけちゃいかんもんやね。 より最適な対処法の研究がどんどん進んでいくことを期待しますよ。 子どもといえば、剣道をやっている小学生の男の子が、 同じく剣道をやっているおねいちゃんに勝ちたいってんで、 5日間、猛特訓したのをTVでやってた。 顔つきや話し方が、1日1日・・・練習が積み重なるにつれ 変化していくのが分かった。 おねいちゃんとの試合の日を迎えて試合前のインタビューで、 おねいちゃんが、勝つ自信「95パーセント」と言ったのに対して、 男の子の方は、「100パーセント」と答えた。 結果は、二本先取の男の子の勝ち!お見事!! なんか教えられちゃったな。。。 猛練習したら自信がつくんだよね。。。 こんだけやった!ってのは、それ以下のものがないから。 まだまだ やれるゼ。 P1020610.jpg (一昨日の東の空。) P1020611.jpg (西の空。美しいものは不気味だ。)
posted by akane | Comment(0) | 日記