2010年05月30日

私のぼやきブログも役に立つ?


福山雅治さん、カッコいいですねー。

先日TVで、福山さんの曲の編曲をしている服部隆之さんが
こんなことを話しておられました。

素顔の福山さんは、どんな人かと言えば、
「オーラをコントロールできる人」

常にオーラを出しっぱなしじゃない。
人の痛みや弱者の痛みを分かるの人。

あえてという言葉を使ったところに、
服部さんの福山さんへの尊敬の念を感じました。
「コントロールできる」ですか、スゴイな。
ますます惚れてしまいます。
オーラも出てればいいってモンじゃないんですね。


さて、昨日、ブログをアップしたあと、書いた流れにのって、
人との出会いで学んだこと、得られたことをさーっと思い出していました。

そうこうしていて浮かんだ言葉、 “セレンディピティ” 

思いもかけない偶然から、まったく別の新しい発見が導かれること。
それは、大きな発見のときもあるし、日常の生活の中でもある。

人との出会いもそう。その人との気軽な話。脱線した話。
本筋よりもそういう話から多くのことを学んだり刺激を受けたり。

この言葉を知ったのは、外山滋比彦さんの「思考の整理学」という本。

考えごとをしていて、テーマができても、いちずに考えつめるのは賢明でない。
・・・
対象を正視しつづけることが思考の自由な働きをさまたげることを
心得た人たちの思い付いた知恵であったに違いない。


“セレンディピティ”現象の有効性を教えてくれています。

先週、新聞にこんな本が紹介されていました。

「未来の魔法のランプ」池田隆則・藤岡敬三著
http://ameblo.jp/futuremagiclamp/theme-10020597379.html

20分もあれば読めてしまう手軽さだけど、
心を明るくしてくれる秘密が確かに詰まっているとの紹介文。

昨日、本の内容をネットで調べてみたら、

あ!ここにも “セレンディピティ” の文字が!!


流行なんかな?  “セレンディピティ”




posted by akane | Comment(0) | 日記