2010年05月11日

漱石を読め。


「人間の心を研究する者は、この小説を読め。」


夏目漱石が朝日新聞に『こころ』を連載していたときの
自分の作品に寄せた広告コピー。

2日前、鈴木康之氏の本を読んでいて知った。

ズバリ!だと思う。

一ヶ月くらい前、何十年と本棚に立ててあった『こころ』を手に取った。
それ以来、じっくりじっくり、一字一字、今流行りの速読とは
まるで無縁の遅さで読んでいる。

小学校高学年だったか、中学生のときだったか、
購入した時期も忘れてしまった。

たぶん、最後まで読みきれてない?・・・のか、
読んだとしても覚えていない?・・・のか、
一行目を読んだ時の衝撃は、目からウロコ、ほとばしる果汁!

漱石、凄い!!

なぜ、こんなに読みやすく、複雑なのに分かりやすく、
人間洞察の深いところが書けるのか。

言うまでもなく、凄い文豪だとは分かっていたつもりだったけど、
今、巷に溢れる文章との格段の違いに、
自分の意識レベルが一気に引き上げられる思いがした。


漱石を読むときは、次元が飛ぶ。


数ページ読んだだけで、次に誰かに会ったとき、
自分のその人の見方に確実に変化が起きている。


昔買った本。

260円。

kokoro1

今やっと、味わえる。


kokoro2
(電子書籍じゃ、この余白や黄ばみは味わえない。)



posted by akane | Comment(0) | 日記