2010年04月08日

金沢のお菓子「千歳」

姉貴から春便り。 金沢のお菓子が届きました。 「千歳」(ちとせ)です。 chitose1 加賀の代表銘菓。 蒸し餡を求肥で包み、富士の山形にし、 その上に紅白に染めた和三盆糖をふりかけたもの。 子どもの頃に食べた時は、とんがった三角錐の形をしてたような・・・ 姉に尋ねたら、経営者が変わってからはこの形になったとのこと。 中はこんな感じ。 chitose2 周囲の皮が固くなって、なかなか切れません。 この皮には米飴を使っているため、 どうやら昨日の花冷えのせいで固まったようです。 口に入れると、トロ?ン。。。 ちなみに紅いのはこんな感じ。 chitose3 3?×3cmくらいの大きさで手の平にコロンと乗るくらいのものですが、 練り飴のように濃厚なので結構お腹にずっしりきます。 紅きは旭日の瑞相を表し、白きは鶴の毛衣を像る。 お店はここです。→ http://www.morihachi.co.jp/index.html
posted by akane | Comment(0) | 日記