2010年02月09日

パンツのプレゼント

バレンタインデーにチョコと一緒にパンツを 贈るんですか・・・・ チョコ売り場の横に男性用パンツ売り場ですか・・・・ 今朝、TVでそんなのやっていて、見ていたら気が抜けちゃって、 昨日腹立てていたこともどうでもよくなった。 もう、なんでもいいや。 なんかすごい世の中(日本)になったもんだ。 なんでもアリやな。 昨日、仕事の引継ぎをしたいからとの要請を受け、 NとIとともにH医大へ出向いた。 時間やら場所やらNが先方と相談しコーディネイト。 Iと私は、1時45分からの約束に合わせるよう 午後からの仕事の時間を調整した。 「出向いて来い」っていうくらいだから、 何かよほどの事情があるんじゃないか?と勘ぐる。 1時40分到着。 少し待って約束の時間になったので、Nが、 受付嬢(・・・オバサンだったけど)に訪問由を告げに行った。 治療現場に参加するはずのクライエントの●●さんは、 本日熱発で、ベッドで点滴を受けているという。 よって、スタッフだけの言葉の伝達になる。 「ええ!?なんだあ?。それなら、電話をくださればいいのに。」 3人、一気にテンションが下がった。 10分待った。 なにやら受付嬢がウロウロしている。 5分待った。 2時だ。 Nが受付嬢を捕まえた。 「担当のものが、病棟に行ってどこにいるか分かりません。」 「分からないって・・・、ここには戻って来られるの?」 「はい・・・たぶん・・・。」 「呼び出せないの?」 「はい・・・。」 「すみません」の一言もなく、「待っていてください。」と言い残し、 そそくさと受付嬢は去っていった。  あのね?、  こっちだって、この後帰って、仕事せなあかんねん!  いつまでも待っているわけにいかへんねん!   どこにいるか分からないって、病棟に行く時は、  どこの部屋に行くって、マーカーしていくか、  誰かに告げていくやろ!!  だいたい、1時45分に来いって言ったのは、そっちやろ!  急な用事でどうしても席をはずす時は、  「誰々さんが来られるから、こちらで待っていただいてください。」とか、  一言、言って行くもんやろ! 「失礼や。」・・・Iがつぶやいた。 ブチっ!! 切れた。 とうとう切れた。 「あたし、本来、気が短いねん!こんなん、ガマンできひんわ!  どんな管理してるねん!トップと話ししてくる!!」 スタッフルームに向かう私。 「忙しいとこ、一緒に来てもらったのに悪かったね。  ●●さんと顔合わせだけでもしていこう。」 Nが言うので、こらえた。(Nは、大人だなぁ・・・) 10号棟の6階。 ●●さんは筋肉が硬直して曲がったままの肘を押さえられ、 ドクターに注射をしてもらっている最中だった。 雑談していると、例のスタッフ二人がやってきた。 話した内容? 教科書のように陳腐だったよ。 ところで、パンツ、プレゼントされたら嬉しい?
posted by akane | Comment(0) | 日記