2010年02月04日

満天の星

昨日は、部屋の中を歩いていても、 横切る風が刺すように冷たかった。 夜中0時30分、ベランダに出たら、 真ん前にデーン!とオリオン座が!! 右に15度くらい傾いて、四角の中に三ツ星さん。 漆黒の空にキラキラ鮮明に輝き、とってもきれいだった。 「いつでもここにいるんやで、どうや冬の空は?」 語りかけてくる。 それらは、燐といつもそこにあるのだ。 嬉しかった。 空からプレゼントをもらった気がした。 世界中の人に、このプレゼントが届きますように・・・ 静かな光に見守られて眠れますように・・・ つ?んと透き通った冬の空は、 満天の星が散りばめられていた。 <追記> 昨日は、節分。 いわしを食べた。 頭をヒイラギに刺した。 玄関に吊るした。 iwasi あ!刺し方が反対!? え!焼いたの刺すの?
posted by akane | Comment(0) | 日記