2010年02月19日

クレイジーが好き。

オリンピック選手の公式ユニフォームを着崩し、
一気に注目を浴びた国母選手。
予選の彼のパフォーマンスを見た。すごいカッコよかった。

女子のスノーボーダーの長谷川さんがおっしゃってた。

 「スノーボードは、競技自体がクレイジー
  だからクレイジーじゃないとやれない。
  テンション高めて、高めて、自己アピールしなくちゃいけない。」

まあ、パンツまで見せなくてもいいと思うけど、
制服なんかをセンス良く着崩している子を見るのは嫌じゃない。

私自身が、「崩して着る」という発想や行為にまで気が回らないから、
マメにおしゃれに気を遣う人に感心するくらいだ。


昨日、藤田まことさんが亡くなられたという訃報。
借金30億も抱えられたことがあったとのこと。
その借金を返したというのもまたクレイジー

素の自分のままTVに出るのが嫌だと、俳優一筋だった人が、
料理番組に出るなどありとあらゆる仕事をこなした。


「クレイジー」には何かしら魅力がある。
人は知らず知らずクレイジーなものに魅かれる。

自分は何にクレイジーになれるのか考えてみた。



いや、


気がついてないだけで、

もうとっくにクレイジーかもしれない。
posted by akane | 日記

2010年02月18日

寝たきりにならないために。(2)

2日前に書いたYoさん、ついに転んでしまいました。 聞き伝えによると、お会いした次の日、奈良に出かけたとのこと。 「歩かずに安静にします。」とおっしゃってたのに・・・。 脳は、自分のベストの運動状態を覚えています。 昔やれたことを これくらいできる!と思って、今、同じようにやると 失敗することもあるんですよ。 それを無意識にやっているときがたくさんあるんです。 残念なことにYoさんは、また骨折してしまいました。 どの部位かはまだ聞いてないのですが、 車椅子併用の生活になるかもしれません。 いつまでも元気で過ごせるように「貯筋しましょう。」と書きましたが、 もう一つ付け加えます。 「年を取ったらなおのこと、人のアドバイスは素直に聞きましょう。」 気丈であることは大事ですが、頑固はダメです。 <追記> 一昨日行ったカイロプラクティックのJ先生の院は、 大阪の熊取町にある。 幹線道路からちょっとはずれると、 子どもの頃、家々の間を駆け回って おにごっごをしていた時のような風景に出会う。 どこどこの誰々ちゃん。 町の大人の人はみんな子どもの顔を覚えてくれていた。 自分の家の庭に入ってきても、とがめることもされなかった。 写真を見ながらそんなことを思い出した。 kumatori1 (幅1メートルくらいの道が迷路のように家々の間を縫う。) kumatori2 (道の脇にスイセン畑。夏はひまわり畑。秋はコスモス畑に変わる。) kumatori3護岸工事も手をつけていない幅3mほどの川。カメやサギがいることもある。  川べりの梅の木。雪の花が咲いているのかと思った。) kumatori4 (錆びた鉄の柱。夢中になって遊んだ。辺りが暗くなって思う。  そろそろ帰ろう。明日またね!バイバイ!!・・子どもの時は時間が長かった。)
posted by akane | Comment(0) | 日記

2010年02月17日

マッチョな美人って、嫌いですか?

気温8℃、湿度40%、乾燥した空気が身を切るように冷たい。 先週がほんのりあったかかっただけに体にこたえる。 鳥肌立ちまくり。 これだけのちょっぴりの毛の量や長さで頑張ろうとするんだから、 原始的な体の反応って、なんだか けなげやね。 「タンパク質摂取プロジェクト」(←だから、大げさだって。)12日め。 昨日、K整体カイロプラクティックへ。 そうそう、J先生は、カイロプラクティックだけでなし、 ボディービルも極めた人なのだよ! 先日の先生のブログに、「トレーニングのあとプロテインを飲む」とあって、 やっぱ、そういうのでタンパク質を摂らないと筋肉をつけるのは難しいかな?と 思って聞いてみた。 私は、この半年、アミノ酸を一日1500mgくらい、サプリメントで摂っているが、 やっぱりアミノ酸だけじゃ筋肉はつきにくいんですって。 アメリカの、日本のよりずっと内容成分が充実したプロテインを 教えていただきました。 家に帰ってさっそく注文しました。 運動の前や後、もしくは寝る前、粉と水をシェイクして飲むんですよ。 これで、マッチョになれるのね(!?) あ?、楽しみ。。。 早く 来い来い、プロテイン?♪ (いったいどんな路線をめざしているのか、本人さえ知らない・・・(^^ゞ) <追記> TVで、昨日から盛んに取り上げられているニュース二つ。 男子スピードスケート500m、銀、銅、おめでとう! 今回は、ユニフォームがカッコいいね! ゴールドがよく映える。強く見える。 あれ着たら、テンション上がると思う。 ホンマ、いい。 もう一つは、ホームに転落した女性を男性が飛び降りて助けた話。 助けた男性は社会福祉法人の職員さんということだけど、 老人ホームもしくは老人保健施設の介護関係か、 医療関係の仕事をしてる人じゃないかな。 私たちはTVや映画などで、列車や自動車の下に逃げて、 車に轢かれるのを避ける場面を見たことがあると思う。 日頃、そんなことは忘れて思い出しもしないが、 ある瞬間に思い起こされる。 記憶力とは思い出せる能力ということだ。 気を失ってダランダランに力が抜けた体は、 固定点がなくて、持ち上げようとしてもスルリと抜けるし重い。 よっぽど筋力がないと抱えることは困難だ。 下手に、抱えようとやっきになっていたら間に合わずに、 二人とも轢かれていたに違いない。 膝や腰の関節を曲げるなどして固定点を作り、 移動させることができるとしても、今回はそんな時間もなかった。 瞬時の判断とニュースは伝えるが、普通じゃできない判断だと思う。 日頃から人の体に触れ、常に変化の多い状況に即した判断に迫られる仕事を なさっているからこその行動だと思う。 そして何より、彼自身の正義感、志のすばらしさゆえの行動だ。
posted by akane | Comment(0) | 日記

2010年02月16日

寝たきりにならないために。

以前にも書いたYoさん。 これから、屋外を歩く練習を始めて、徐々に距離を伸ばす予定であったのに、 あまりの回復の良さが自信過剰となり、勝手に歩きすぎて、痛みが出現!! とうとう手術した脚がパンクした。 体重をかけるとあまりの痛さに体が硬直。 先週まで、 「車で駅まで行って、ホームまで車椅子、ホームを少し歩いていいかしら?」 なんて控えめなことを言っていたのに、痛みがひどくなって発覚! 「週末、梅田(大阪駅)の地下(ショッピング街)を歩きました。」 「次の日、家から駅まで歩きました。そのあと、痛いのを我慢して、  デパートで買い物しました。」 無茶苦茶や?!!!   3年前、反対の脚の骨を折った時、すぐ歩けたってんで、 同じようにできると思ったらしい。 3年前といえば、Yoさん、83歳の時。 その時は、術後1ヶ月で外出しまくっていたという。 普通、83歳といえば脚の骨を折ったら、寝たきりになる可能性も高い。 Yoさんのような人は稀だ。 相当、意志も強いし、もともとの筋力も強かったのだろう。 なんでそんなに、あわてて歩こうとするのか、 よくよく聞いてみると、早く、学生さんのアパートに 行きたいのだという。 Yoさんは、大家さんだ。 この時期、学生さんたちが部屋を借りるため、 親御さんと一緒に下見に来る。その時、立ち会って、 「この大家さんなら、娘を任せて大丈夫!」って、 言われるのが嬉しい。 学生さんたちに、得意の料理をふるまうのも楽しい。 家にじっとしていると、腕が鳴ってしょうがない。 立会いや料理はできると思うけど、 問題は、アパート前の階段であるという。 10段くらいなら、すぐに上がれるようになる能力があると思っていたら、 話を聞いていると、なんか変? 「何段あるんですか?」と尋ねると、 「78段です。」 な、なっ、78段ですか!? 2ヶ月前まで、毎日上ってはったんですか!? そりゃ?、驚異的な回復力を見せたわけです。 寝たきりになりたくなければ、 「筋力を貯めておきましょう。(貯筋)」 Yoさんはそれを地でいっているような方です。 これはもう、いろんな人におススメしますよ。
posted by akane | Comment(0) | 日記

2010年02月15日

「パス1(ぱすいち)」の時代

この頃は、「×1(ばついち)」のことを「パス1(ぱすいち)」 というそうで。。。 なんだか前向きな感じ。 神田正輝さんが、「オレ、パス1。」 なんて言っているのを見ても、悲壮な感じがちっともしない。 いいんじゃないですか。 夫婦していたら気持ちが惨めになっていくのなら、 シャン!と離婚するのも。 「宿命は変えられないけど、運命は努力で変えられる。」 江原氏が言っておられたけど、努力してもダメなら止めるという方法もある。 時代がどんどん変わっているんだもの。。。 昨日の夜中、暑くて目が覚めた。 久しぶりに多量の肉を食べたせいかもしれない。 体が燃えてる。 前日、お世話になっている人たちにチョコを贈る準備をした。 バレンタインデーは、今や、女子だけに与えられた特別の 「愛の告白」の日だけではない。 お世話になった人、仲のいい友達に感謝を表す日になったのだ。 これも時代の変化。 そんなことを考えていると、お歳暮やお中元はどうなんじゃい?と 頭をよぎった。 社会に出たとき、お世話になった人には贈るもんだと マナー講座で学んだ。 今まで忠実に守ってきたけど、ここ数年、なんか違うな?と いう気がしてきた。 相手が負担に思うようなら、贈らなくてもいいんじゃないか・・・と。 何をしても喜んでくれるのは、「親」ぐらいかな。 モノが溢れた時代。 自分の欲しいものを好きな時、好きなだけ選んで買えるようになった。 こだわりもある。 相手は必ず「困ったサイン」を出しているから、そこを曲げてまで、 贈るとなると本末転倒やね。 現に、それやって失敗しちゃったこともあったしね。 要は相手をよく見て、大事にすること。 荷物の整理やら、自分の体のメンテナンスやら、 今年はこれに費やしそうだけど、 そうやな、頭や心ももういっぺん洗いなおさなあかんな。 な?んてね、そんなこと考えてたら、眠れんくなったよ。 本日、寝不足。 ふぁふ?。。。。 <追記> タンパク質摂取プロジェクト(←大げさだって!)10日目。 油の多いお肉は、私の膵臓は爆発するので、 脂肪の少ない羊肉をゲット! シチュー、ジンギスカン・・・・   羊さん、お世話になります。 sheep1 sheep2
posted by akane | Comment(0) | 日記