2010年01月07日

コツコツ。。。

本当は「コツコツ」っての苦手だ。 だけど、今人気の子役の子さえ、 書初めに「コツコツ」と書くんだから、 やっぱり「コツコツ」はすごく大事なことなんだろう。 子ども大活躍のご時世。 今年ブレイクするだろうと言われている 7歳の女の子へのインタビュー。 仕事で気をつけていることとは?  ハキハキしゃべること。  いつも笑顔、ニコニコしていること。 これって、ビジネスで基本的なこと。 「笑う門には福来る」ともいうし、 子役たちの素直なプロ意識を見習おう。 昨日は、弓道の初練習。 気温6度。 これくらいなら、温度的には未だましだが、 湿度が30パーセントでカラッカラ。 風が体に切り刻んでくるようだった。 弓を持つ手のコントロールも利かないし、体も縮んでくる。 けれど、的に中たる人は中たるので、 中りの落ちている私は未だ未だだと思った。 「正射必中」を目指しているものの、 なかなか結果に結びつかない不安も募りだしている。 いや、いつかはブレイク! 直さないままやっていても、必ず行き詰まる時がくる。 今がこらえ時。 遠くを見て遠くから今を眺める。 コツ、コツ、コツ・・・・・・。 <追記> おととい聴いていた上田正樹氏の「悲しい色やね」。 歌詞の中、「おれのこと好きか あんた聞くけど」とあるけど、 男の人がそんなふうに相手に聞くことあるんかな? 特に深く考えることでもないんですけどね。
posted by akane | Comment(0) | 日記

2010年01月06日

お餅好きです・・・が・・・・

親戚のおばちゃんからも送られてきた。 moti,moti,moti, 餅、餅、餅、 どないしよう。。。。。 <追記> 昨日、心に響いた歌。 http://www.youtube.com/watch?v=y59hpd5aGkc ↑上田正樹さんを拝見しながら。
posted by akane | Comment(0) | 日記

2010年01月05日

お餅好きです。

田舎からお餅が送られてきた。 杵つき餅。 め???ちゃ伸びる。 夕飯のあとに、4個食べた。 omoti 今朝、鏡を見たら、顔がむくんでいた。
posted by akane | Comment(0) | 日記

2010年01月04日

体がウズウズ・・・・

ええなあ?。 福山雅治さん。 香川照之さんも、「坂の上の雲」での 正岡子規役といい、 ええなあ?。 「龍馬伝」。 今年は見続けよう。 龍馬に関わる人たちが、どんな言葉をかけて、 それを龍馬がどんなふうに感じとり、変わっていくのか、 そこんところをしっかり見ていきたいな。 歴史物を見ると、体がウズウズする。 特に、鎌倉、室町、戦国時代、明治、昭和の戦前、 人と人との駆け引き、戦いを見ると気持ちが高ぶる。 私は、「女」としては変なのだろう。 その時代に生きていたら、シャシャリ出ては、 「女のくせにジャマだ!あっちへ行け!!」って どなられているか、敵地に入って裏工作しているか、 反戦を唱えて捕まっているかだな(笑 さ、現実の戦い、勤めも今日から始まる。 弓も仕事も休みの一週間は、てんこ盛りの用事をこなすうち、 時間の感覚がずいぶんと変わった。 カレンダーを見て、 「ああ、未だ一週間しか経ってないのか・・・・。」と思う。 追い立てられることもなく、かといってヒマなわけでもなく 濃い時間を過ごした。 何気に過ごす時間をちょっぴりでも自分の夢に近づくべく 行動するよう意識すれば、内容がある時間になる。 たとえば、TVを見ているときに背筋を伸ばすことを 心がけるだけでも一歩前進だ。 それはそうと・・・・ 龍馬の子ども時代を演じた男の子、 目元、口元、ホンマに福山雅治氏によく似てた。
posted by akane | Comment(0) | 日記

2010年01月03日

「本物」

「泉谷しげる」が聞きたい。 朝、思った。 季節のない街に生まれ 風のない丘に育ち 夢のない家に生まれ 愛のない人にあう 人のためによかれと思い 西から東へかけずりまわる やっと見つけたやさしさは いともたやすくしなびた 春をながめる余裕もなく 夏をのりきる力もなく 秋の枯葉に身を包み 冬に骨身をさらけだす 今日ですべてが終わるさ 今日ですべてが変わる 今日ですべてがむくわれる 今日ですべてが始まるさ となりを横目でのぞき 自分の道をたしかめる また ひとつずるくなった 当分 てれ笑いが続く 汚いところですが ヒマがあったら寄ってみてください ほんのついででいいんです 一度寄ってみてください 昨日、ピーコさん著「片目を失って見えてきたもの」 を読んだ。 単行本で発刊されて、10年。 手にするのが遅かったけど、今だからこそ、 読んで吸収できることも多い。 ものごとの本質を考えに考え抜く人が、 ここにもいた。 そういう人は、どの世界でも長生きだ。 間違いない。
posted by akane | Comment(0) | 日記