2010年01月16日

晩ご飯は?

関西に住むようになるまでは、 「たこ焼き」や「お好み焼き」を食べるのは、 2年に一回くらいでした。 まして、晩ご飯に食べるなんて・・・・・ 昨日の晩ご飯。 「たこ焼き」。 takoyaki1 これくらい焼けるようになったら、 関西人の仲間入りさせてもらえる? あ!ダメだ。「お好み焼き」がうまく焼けない・・・・。 takoyaki2 近くだったら、「食べてぇ?。」って差し入れできるのにね。 takoyaki3 マヨネーズかける派ですか?
posted by akane | Comment(0) | 日記

2010年01月15日

深層心理

えっと、もしよかったらやってみてくださいね。 あなたは、ノアの箱舟に乗っていました。 トラ、クジャク、ウマ、ヒツジ、サルも一緒です。 どうしてもどれかを船から降ろさなくては ならなくなりました。 あなたはどの順番で降ろしますか? 5匹の降ろす順番を答えてください。 (あまり深く考えずに、直感で。) どうですか? あなたの答えはどうなりましたか? 深層心理を探るゲームなんですって。 昨日、職場でFさんがみんなに質問し出して、 仕事そっちのけで盛り上がりました。 トラ    =「プライド」 クジャク = 「お金」 ウマ   =「仕事」 ヒツジ  =「愛」 サル   =「子ども」 を表すそうです。 さすがは、看護士さんたち! 8割の人が、ウマ・・・「仕事」を最後に残したんですよ。 もちろん、ウマが「仕事」だなんて、 みんな、あとで知らされたことです。 ちなみに私は、 1、ウマ 2、トラ 3、クジャク 4、ヒツジ 5、サル   の順に選びました。 私は、船から降ろしても、ある程度まで 自分でやっていけるだろうものから降ろしました。 おサルさんなんかは、私の頭に乗っけていれば、 一番最後まで生かしてあげられると思ったんです。 他の人の選んだ理由を聞くと、これが面白い!! ウマを最後まで残した人は、 「船がひっくり返ってもウマに乗ってればいい。」とか、 「ウマは最後には食べることができる。」とか、 「サルは、キーキーうるさいから1番に降ろす!」とか、 あとあと生きていくことも考えているんですね。 「なるほどなぁ。」と感心することしきり。 誰一人として同じ選び方をした人はいませんでした。 十人いたら十の考えがあるって言いますが、 本当ですね。
posted by akane | Comment(0) | 日記

2010年01月14日

寒さにも負けず・・・

昨日、雪が舞う中で弓を引きました。 なんとも風雅な・・・・(^.^) でも、道着の半袖は、こたえるなぁ。 体育館前に飼い主さんをじっと待つワンちゃんがいました。 毛布の上にちょんと座ってね、 カメラ向けても目を細めてた。 tiro <追記> 年末、石川の母と電話で話していたとき。 「あ!そうそう」と母。 田舎で買っている犬の一匹、コロが死んだという。 それも夏の終わりに。 「あなたに言うの忘れてたワ。」だって。 もっと早くに言ってよ?ぉ。。。 コロはラブラドールとシベリアンハスキーの混血種。 大きかったので飛びつかれるとその勢いに倒れそうになった。 一年に一回くらいしか会えなかったけれど、 よく覚えていてくれて、ちぎれるくらいしっぽフリフリ。 かわいかったな。
posted by akane | Comment(0) | 日記

2010年01月13日

ダイヤモンドワード!

今朝は、窓の周りに水滴がいっぱい。 隅っこには水溜りができている。 寒い! 本日の弓道場は冷蔵庫のようだろう。。。。 昨日の的中率。 5割。 年末には9割に持っていって再度試験を受ける予定。 正射必中を目指し、射形の大変革に乗り出して中りが落ちた。 逆から言えば、まだまだ私には変化の余地があるということだ。 昨晩も部屋の片づけ。 積みあがった資料の中から、2008年12月に受けた スポーツセミナーのときのメモが出てきた。  簡単に伸びるのが才能ではない。  開花させられる能力をたくさん持っている選手が  「才能のある選手」  メダルを取る人とは?  ・しっかりしたコーチ  ・しっかりした考え  ・賢い人  同じ成功を追いかけない。  それは、同じ失敗をしないより難しい。  成功パターンを作ると守りに入りやすい。  自分の中での「常識」を作りやすい。  「常識」というのは誰かが作り上げたものだ。  (北京オリンピック競泳日本代表コーチ 平井伯昌氏)    いいタイミングで出てきた。
posted by akane | Comment(0) | 日記

2010年01月12日

課題その一 ?一掃する?

坂本龍馬さんの写真や、現存する袴の丈から割り出すと、 龍馬さんは、180センチくらいの身長だったらしい。 また、130通以上の直筆の手紙が残っていることから、 「筆まめ」であったとも言われてる。 中には、日本を掃除するといった強い決意の表れた文章もある。 手紙を書くことは、自分の考えをまとめ、気持ちを鼓舞する。 自然とそんな意味もあったかもしれない。 私は部屋の掃除だ。 年末、手がかけられなかったパソコン部屋を 昨晩から片づけ始めた。 入って右側には、棚からはみ出て横積みにされた 300冊ほどの本の山、3つ。 左側には、これまた棚の前に積まれた仕事の資料の山、4つ。 2メートルある本棚は前列にガラス扉がついていて、 それを開けるには、いちいちこの山を移動させねばならない。 棚の上には、アルバムやらマンガの文庫本やらが 乗っていて、それらを取る時は、 3ミリほど積もったホコリが舞い上がらないように、 そ?っとそ?っと動かすのである。 ときどき、本棚から1センチほどのホコリの塊が ふわりと落ちてきたことも。 お?、まるで永井荷風か坂口安吾のような部屋ではないか!? ・・・なんて偉いもんでもなく、掃除することにした。 いや、もちろん出ていた部分は掃除機もかけてたし、 拭き掃除もしてた(汗 ラインを引いてない、書き込みのないもので もう読むこともなかろう本はリサイクルへ出す。 3年も経った古い資料は捨てる。 興味が薄れた本は棚から出し、 お気に入りの本に入れ替える。 そうすれば荷物は半分になると思う。 昨日だけでも、一山減った。 積もったホコリも払い終えた。 押入れの荷物、洋服なども総入れ替え。 毎日やって一月中に終わらせる予定。 これが今月の課題の一つ。 <追記> 『あかね**』の開設当初から来てくださっていた方が数人、 体調を崩しておられます。 体調不良を訴えたあと、「また来る日に」という メッセージを残してアップが止まった方も。 早く良くなられることを願っています。
posted by akane | Comment(0) | 日記