2010年01月26日

おちゃらけ先生

このブログに書いた「Yさん」は、 イニシャルが同じということで、3人くらいいるのだが、 今日書く「Yさん」は、ひときわ男前の72歳の元教師だ。 3年前に脳の下部の梗塞を起こし、左半身がマヒ。 腕は筋緊張が高まって曲がったまま。 脚は随意的に動かせるが弱く、踏ん張れないので、 プラスチック製の短い補装具を履いてポツポツ歩く。 目や体が細かく揺れるのを補うのに、 いつも目を細め、ニコニコしているように見える。   足るを知る・・・ なんてね、時々私に言うんだけど、 ホントは夜の街中を闊歩したいんじゃないかと思うんだ。 現役時代は、生徒のお母さん方に大モテだったらしいし、 倒れる前までは、上下真っ白のスーツを着て、 ポケットに手を突っ込み、脚を放り出しながら歩く・・・ 一見その筋の人のような風貌だったそう。 内縁の奥様がおっしゃる。 「めちゃ、カッコよかった。」・・・奥様の顔が赤らむ。 今でも30年以上前の教え子さんたちが家に尋ねてくる。 少々バンカラでも、校長も父兄も何も言わなかった。 「先生」としても、デキル人だったのが想像される。 その「先生」が、昨日言った。   僕は、気がついたんだ。   教師になって、3年経った時だった。      「先生」という職業は、「司会者」なんだ。   みんなが話せて、みんなが力を出せる・・・・   そういうふうに進行の役目をするのが「先生」だと。      だから僕は、そのあと3年間、徹底的に「司会」の勉強をした。      そうしたある日、大学で同級だったヤツが僕の授業を見て言ったんだ。   「Yさん、上手くなったねーーー!」・・・って。 「今の状態で満足している。」 きっぱり言うYさん。 まんざらホントでもなく、嘘でもないのだろう。 最高目標は、「美人と歩きたい。」 「あそこのデイケアの●●ちゃんと△△ちゃんと、  こっちのデイサービスの□□ちゃん・・・・  ワシは、たくさんの女性に囲まれて幸せや??? (#^.^#) 」 と、にやける。 そんなYさんは、時々、私の「先生」になる。
posted by akane | Comment(0) | 日記

2010年01月25日

ゴミと一緒に暮らしていたのか?

さて、一月も残すところ一週間。 今月中に大掃除を終わらす予定。 開始から13日。 パソコン部屋の掃除から始めて、 昨日で衣服整理を終えた。 この2週間で、45リットルのゴミ袋10個くらいは、 処分したんじゃないかな。 こんなんまで出てきた。 編みかけのセーター・・・ sweater いつのやねん!?
posted by akane | Comment(0) | 日記

2010年01月24日

今日はどんな姿なんだろう。

ベランダから毎日、何回となく眺めていた山。 真ん前に3階建ての家がデ?ン!と建ってしまいました。 朝は、くっきり浮かんだ稜線を見て・・・いい天気になるな。 夜は、山のてっぺんに光るライトを見て・・・明日も晴れるな。 洗濯物を干しながら、雲がかかっていれば・・・雨のかからないように。 夕日に照らされる山を見ながら・・・今日も一日ありがとう。 雪化粧した山を見て小躍りし、10年以上そばにあったのにな。 さみしい・・・・よ。 yama1 (半年前、夕方撮影) yama2 (秋。ちょっとかすんで。) yama3 (10月初旬。よく晴れた日に。) house (もう見えない。毎日眺めていたヤツがいたなんて誰も知らない。)
posted by akane | Comment(0) | 日記

2010年01月23日

酢を飲むか?ソーダを飲むか?

soad そーだ! 流した汗は裏切らない! スカッと一服、 「頑張レモンソーダ」 <追記> 昨日のNHK番組。 午後10時45分からの「世界街歩き」がおもしろかった。 中国四川省の“ろう中”、三国志ゆかりの歴史ある街。 黄河の川沿いに、黒い瓦屋根の平屋の家が隙間なく建っている。 (道なんかどこにあるんだ?) 街の中をのぞいてみると、1.5メートルから3メートルくらいの幅の 路地がぐるぐると張り巡らされている。 道の両脇は、土や石の壁。敵の侵入を堅く守っていたと知れる。 家の中に庭。緑があり、そこにはランが寄生している。 息子は毎朝、母のために2メートル以上高い所に開くランの花を 竹の棒でつついて取る。毎日100個から200個取れるそうだ。 母は、その花を胸元につけ香りを楽しむ。 また路地を行く。 角には酒売りのおじさん。アルコール度数65パーセント!! リヤカーに乗せた大きなポリタンクで量り売り。 違う角には、酢を売るおじさん。 これまたポリタンク。真っ黒な酢。 家の中から出てきた30代くらいの女性が、 「満タンね。」と言って片手で持てる大きさのポリタンクを差し出す。 卵を漬けておくと一週間ほどで殻ごと溶けるのだと言う。 それを飲む。高血圧、脳梗塞の予防、もちろん美容にいい。 しばらく進むと、輪になって椅子に座り、 洗面器に脚を浸けているおばさんたちがいた。 水虫予防にもなるし、色も白くなる。ツルツルにも。 この街では、酢が名物なのだ。 酢売りで有名なこの路地は四千年の歴史があり、 重要文化財に指定されている。 河の魚を食べ、河の水で酢を作る。 科挙の試験があった建物も現存。 家々の屋根の一角には、最高位の人がかぶる帽子の形に 似せて瓦が積まれている。 子どもが生まれた時、頭がいい子に育つようにと願いを込める。 一見、無機的な迷路のような路地を歩いてゆけば、 どこかかしこに人々の生活がある。 歴史に根ざした生活の「楽しみ」に溢れている。
posted by akane | Comment(0) | 日記

2010年01月22日

きっぱりと過ごす。

  冬が来た        高村光太郎    きっぱりと冬が来た 八つ手の白い花も消え 公孫樹の木も箒になった きりきりともみ込むような冬が来た 人にいやがられる冬 草木に背かれ、虫類に逃げられる冬が来た 冬よ 僕に来い、僕に来い 僕は冬の力、冬は僕の餌食だ しみ透れ、つきぬけ 火事を出せ、雪で埋めろ 刃物のような冬が来た (1913.12.5) 何気に眺めた雑誌に、 高村光太郎の「冬が来た」が載っていた。 小学校の時だったか、中学校の時だったか 忘れてしまったけれど、 この詩を初めて目にしたのは教科書だった。 力強い詩。 昨晩からまた冷えてきた。 きっぱりと迎えた冬。 踏まれても、飛ばされても、私の力は止まらない。 どんどん、どんどん、蓄えられるのだ。
posted by akane | Comment(0) | 日記