2010年01月31日

すばらしく身軽な環境

大掃除を始めて3週間。 毎日こつこつ続けて、45リットル袋(一番おっきいの)、 20袋くらいモノを処分した。 そうかといって、部屋が広くなったとは感じない。 ただ、山積みやギュウギュウ詰めが無くなって、 何がどこにあるのかが、すぐに分かるようになったかな? 「毎日が大晦日とお正月の気持ちで過ごす。」って、 年明けに「あかね**」に書いた。 それは、ずっと守ることができている。 えらいぞ!あかね! ・・・・と、自分で褒めておこう。。。(^^ゞ さて、今日は、もう出かけなくてはいけないので、 もっと書きたいことがあるけど、このくらいで。 <追記> 自己におもねるまい。自己を軽蔑すまい。 自己をそれがあるべき相当の位置におこう。 もしその位置が与えられなかったら、それを発見し、 創立することに骨を折ろう。                    (有島武郎) 自分の位置を高めるゾ!
posted by akane | Comment(0) | 日記

2010年01月30日

何気なく聴いてみてください。

おばあちゃん・・・・ おばあちゃんには、一回も叱られたことなかったな。 わたしもいい孫じゃなかった。 でも、いつも受け入れてくれた。 心安らぐ人。
posted by akane | Comment(0) | 日記

2010年01月29日

珍獣・白髪飛ばし!

昨日、へんな夢を見た。 前の晩に、「へんな生き物特集」なんていう番組を見たせいか、 はたまた、弓道のメンバーがシミ取りに行って、 顔にでっかいバンソウコーを貼ってきたのを見たせいか・・・ たぶん・・・・ きっと・・・・ そのせいなんだと思う・・・・ siraga わたしの頭っ! ピン!ピン! 白髪だけが伸びて跳ねてた!! いや?ん!
posted by akane | Comment(0) | 日記

2010年01月28日

上手(うわて)がおった。

今日書くYさんは、初心者弓道教室のYさんだ。 Yaさんとしよう。 Yaさんのことは、過去2回、下記の日記の追記で書いた。  そうそう上手くはいきません。  よっぽど見たくないんだわ。 昨日は、気温12度の中、半袖Tシャツ一枚で現れた。 「Yaさん、半袖じゃないですか!」 私が言うと、 「テンション上がると暑いんです。」 と、Yaさん。 元ボディビルダーさんで、がっつり筋肉がついているから? 「アドレナリン全開ですね。」ははは・・・・と私。 私も冬場でも半袖になることがあって、 そのたびに、「寒くないですか?」と聞かれる。 けど、私の場合は、あくまでも暖房が効いている場所。 いつも15度以下の所にいるので、20度以上の所が暑い。 本来は、めちゃくちゃ寒がり。 昨日だって、薄手のものとはいえ、5枚重ね着してたくらい。 Yaさん、すごいわ。 筋肉って、暑いのね。 <追記> 昨日会ったもう一人のYさん。 Yuさん。声もでかくてハキハキ。 90キロ近い巨体だ。 お腹がでっぷり、あごがなくなるくらい顔が膨らんでいる。 弓道の演武でしゃがんでいても構えが崩れる。 べったり座り込んだ。 演武が終わって、「足がもちません。 まったく情けないところをお見せしました。 すみません。」と詫びる。 48歳。学生の頃は、57キロだったそう。 今は、小学生を一人背負って動いているようなものだ。 お昼時に手のひら半分くらいの弁当箱を出してきた。 てっきりごはんが入っているんだと思った。 が、蓋を開けると薬の山。5種類以上はあったと思う。 「これは抗圧剤。これはウツの薬。これは心臓・・・・」 説明するYuさんに、「痩せたら全部治りますよ。」と言ったら、 隣に座っていたM先生が、「この人は自分で人体実験してるねん。」と、 ちゃかして言う。薬の開発研究者だそう。 「これ、僕が作ったんです。よく効くんですよ。  す?っと、血圧が下がります。」と説明を始めた。 話を聞いていくと、今、休職中だという。 一ヶ月くらい家から一歩も出ず。でも食べる。 ますます太って・・・・と。 このこと喋れるようになっただけ、病状が回復されたのかな・・・。 Yuさん、まだ小学生と幼稚園の子どもさん3人かかえてる。 世のお父さんは大変だね。 体削って、働いて・・・・。
posted by akane | Comment(0) | 日記

2010年01月27日

一日の終わりに。

昨日の夕日は、めっちゃキレイやった。 仕事を終えて玄関を出たら、 向かいの3階建てのビルの窓に、 朱色に輝くお日様があった。 振り向けば、西の空は、水に絵の具を溶いたような 抜けるような濃いオレンジ色に染みていた。 自転車を飛ばし、デジカメを取るため家に寄り、 海へ走った。 が、 rakujitu1 あっという間に日は落ちて、 カメラに収めることができなかった・・・・ 何を拾ったのだろう。 二人の子どもが、迫る波をよけるふうもなく、 手のひらの「それ」を覗き込んでいた。 rakujitu2
posted by akane | Comment(0) | 日記