2009年11月16日

どうして人は出会うのだろう。

ジョギングにでかけた。 冷え切った空気が体にしみこむ。 秋の夕日は、ことのほかまぶしくて、 色づいた木々が黄金に輝く。 ほっぺたがあたたかい。 秋の日差しって、やさしいな。 真っ青な空。 一筋の雲。 ぐんぐん伸びる雲。 まっすぐまっすぐ伸びて、 かたまりの中に突っ込んだ。 思い出した。 もう何年も前の話。 秋の始めに穂高に登った。 途中、やたら賑やかな3人のパーティーに 出くわしては別れ、 出くわしては別れを繰り返した。 一人は50代後半? あとの二人は、30代半ば頃? 小屋は二つあったのに、 到着した小屋で、また出くわした。 部屋の真ん中には、大きなこたつがあって、 そこを中心に放射線状に穴倉があり、 中には布団がしいてあった。 他の登山客は、早々に横になる人もいれば、 穴の中でなにやら作業をする人もいた。 私たちは、リュックの中のお酒やお菓子を持ち寄り、 こたつに脚を入れ、他愛ない話で盛り上がった。 全日空の機長さんと副操縦士さんと教官。 いつも高い所にいるのに、 なんでまた高い所に登るのか聞いてみた。 「降りて温泉に入るのが楽しみ。。。」 そのあと、メンバーの一人のOさんと 何回かハガキのやり取りをした。 半年ほどして、届いたハガキ。 「Nさんがガンで亡くなりました。  定年退職して、すぐのことでした。」 山から降りて、温泉に入った後は、 ヨーロッパにフライトだと言っていたNさん。 半年後には亡くなるなんて、 誰も想像していなかったと思う。 飛行機よりも高い所に行ってしまった。 それから数ヶ月、 片言のやりとりをしたあと、 私たちの音信は途絶えた。 <追記> 一つの出会いが人生を変えることがある。 講談社の少年倶楽部で吉川英治氏や田河水泡氏を育てた 名編集者、加藤謙一氏。 戦後、東京の文京区で出版社を立ち上げた。 1950年、宝塚から上京した一人の青年が訪ねてくる。 ある漫画家の住所が知りたいという。 手塚治虫氏との出会い。 その後、加藤氏は手塚治虫氏を中央の桧舞台へと 押し上げた。 偶然の出会いか、必然の出会いか。
posted by akane | Comment(0) | 日記

2009年11月15日

メンテナンスばっかり上手くなるなぁ・・・。

体が動かずとも壮絶な創作活動を続けた正岡子規。 病床の子規は、留学中の夏目漱石と 文通をしていた。 もう先が長くないと悟った子規は、 ある日の手紙にこう書いている。  「君の書いたものは面白い。   また読みたい。」 そういった内容のもの。 が、子規は返事を待たず、ほどなく他界した。  漱石はその頃、ノイローゼになっていて、 自分のことで精一杯。 返事を書けないままだった。 後で訃報を聞いた漱石は、 (書いてやればよかった。)と後悔する。  「誰かが僕の言葉を待っている。」 漱石は、その時から、読者というものを意識するようになった。 子規との文通のなかで生まれた感情だった。 さっきまで、TVを見てました。 シリーズ未来をつくる君たちへ 誰かが「君の言葉」を待っている?関川夏央が語る「正岡子規」? http://www.nhk.or.jp/japan/index.html いろんなドキュメント番組を見ていて思うのですが、 歴史に残る文学者や画家、科学者・・・・ たくさんの方が文通なさってますね。 互いに自分の感情を素直にぶちまけている。 悲壮なことも時には明るく、時には真面目に、 いろいろな書き方で工夫して。 みなさん、筆まめ。 どっかに(・・・・といっても信頼する人じゃなきゃダメだ。)、 不安や焦燥、書いて読んでもらって、 心のバランスを取っていたのかもしれません。 タイトルからずいぶん脱線した。。。。。 さて、昨日の日記。 弓の握り皮と矢の筈(はず・・・つがえるところ)を取り替えました。 筈は、そんなハズは無かったハズなのに、 以前取り替えたものが合わなくて、またまた交換です。 なかなかの出来。 ピタッと決まると、気持ちがいいっす。 握り皮と筈
posted by akane | Comment(0) | 日記

2009年11月14日

おススメ?

Twitterって、どうなんかな? 茂木健一郎さんもお気に入りみたいなんだけど・・・・・。 新しいアイテムが出たら必ず試すそうだけど、 Twitterが一番いいって。長続きしてるって。 昨日、ちょっと調べてみたんだけど、 140字以内で書くんですってね。 フォローする人を決めるとか。 世界中のいろんな人と、 気軽に話ができるってのは魅力だなぁ?。 140字小説なんてのも本になっているし、 活用の仕方はいろいろってとこかな。 さて、昨日の日記。 パソを触る時は、甘い物を一つまみ口に入れて、 コーヒーを飲んでます。 あんまりビスケットは食べないんですが、 こんなの見つけたので買ってみました。 mini1 一口サイズっていうのが嬉しい! それから、なんといっても クリームを挟んでいるビスケット、 上下種類が違うってのがニクイ!! マクビティのはサクサクしてるとこも、いい。 mini2 結構、グッと来る甘さなので、 数は要らない。 あ?ん、ポイ! ほんじゃ、 メール打ってきまぁ?す。。。。。
posted by akane | Comment(0) | 日記

2009年11月13日

心の奥のもの

昼頃から雨だって・・・・。 また、寒くなるのかな? 昨日一日、自分を自分で無くした。 掴みどころのないモヤモヤした気持ち。 それが知りたくて、心から離れた。 周囲の会話、仕事、自分の行動・・・・ あらゆるものを距離を置いて見つめた。 おとといの晩から、範士に言われた言葉が 引っかかってしようがなかった。 なぜ、そんな気持ちになってしまうのか、 あらゆる記憶をさかのぼって、 自分を納得、理解させようとした。 あがいてもどうしようもない。 少しずつ成功体験を積み上げていって、 自信をつけるしかないことは分かっている。 でも、気持ちが静まらない。 書いたら、楽になるかもしれない。 できるだけ重くならないように書きたいと思うけれど、 ダメかもしれない。 弓道場の隅に、弓を立てておく場所がある。 その一角が、ついたてで仕切られていて、 傍からは見えなくなっている。 片方は見えていても、誰と喋っているかは、 分からない。 そこで作業していると、よく、範士と居合わせる。 二人だけの会話をする。 おとといは、演武でのミスが多くて、 恥ずかしくて顔を合わせたくなかった。 だから、範士が声をかけてくださったが、 何をおっしゃたか覚えていない。 「今日はいいとこナシです。」と答えた。 「いや、(練習時の)二本目は良かったよ。  中るようになってきてるし、(試験は)大丈夫。」 「ありがとうございます。」・・・・・ 嬉しいはずの「大丈夫」という言葉が、 チクリときた。 技術的なことは、中りが落ちるのを覚悟で練習し、 修得してきた。納得している。 ただ、問題は・・・・・ 「大丈夫」と言われて、「大丈夫」でなくなる理由・・・・ 精神的な問題。 潜在意識の問題。 受かった後の環境の変化。 称号という重い責任。 増える行事参加。 束縛される時間。 個人として守らねばならない生活、 仕事の時間。 本当に私は試験に受かることを望んでいるのか? 心の奥底から望んでいるのか? 心のどこかで、「今が精一杯なのだ。」と ブレーキをかけている自分がいる。 なんでこんなに悲観的なのだろう。 どうしてこんな考え方しかできないのだろう。 幼いころからの生い立ちや、 その時々で自分の考えたことを思い起こしてみた。 一度、そこから離れたい・・・・と思った。 本を読んでみた。 周りの人が話しているのを内容でなく、 その人の気持ちに寄り添いながら聴いてみた。 自分の心を遠くに飛ばした。 いろんな心が見えた。 ねたみや恨み、やさしさ、いたわり・・・・ いろんな感情が渦巻いている。 心が動いて世界が動いている。 自分は逃げているんだと思う。 踏み出したことのない世界に、 まだ味わったこともない世界に、 行きたいと思いながらも自らが努力することを めんどくさがっているのだと思う。 誰かがラクに連れて行ってくれることを望んでいる。 射は仁の道なり。射は正しきを己に求む。 己正しくしてそして後発す。発して中らざるときは、 則ち己に勝つ者を怨みず。反ってこれを己に求むるのみ。   試験に受かることが最終目標ではない。   まずは、見たこともない世界に一歩踏み出すことだ。 <追記> 書いてみてスッキリ。 これでいい。 minamo (↑10月に興福寺近くの池で撮影したもの。) (水面に写る美しい景色。ありがとう。)
posted by akane | Comment(0) | 日記

2009年11月12日

今月の壁紙


10日も遅れちゃったけど、
11月の壁紙をダウンロードしました。

この数ヶ月は、糸井重里さんのサイトから
お借りしてます。

毎月、しゃれた画像が提供されるので選ぶのが楽しい。
(ここをクリック!→http://www.1101.com/yorozu_dl/index.html

カレンダー付きなので替えるたびに、
新しい月を迎えたゾーーーーって、
気合いが入ります。

先月は、「フィンランドのおじさんになる方法」の
夕焼けのがお気に入り。

今月は、これ!
「ブイヨンの気持ち」。
糸井さんちの愛犬がモデル。
desk1


画面を開くたび、ブイヨンちゃんが癒してくれる。

ブイちゃん、かわいっ!!

ブイっ、ブイっ。

posted by akane | Comment(0) | 日記