2009年10月26日

ふぞろいのお菓子たち

rain 雨です。 月曜の雨は好きです。 なんか落ち着くので。 昨日は、朝6時半に起きて、 散歩がてら近くのファミマに行きました。 朝食のパンやらおやつを物色。 無印良品の「いちごジャムサンドクッキー」がお気に入りです。 中に挟んであるいちごジャムがぐにゃりと固めになっていて、 噛んだときの感じがたまりません。 昨日も探しましたが無かったので、その代わりに これを買いました。 「いちごジャムサンドクラッカー クラッカー よく見ると、クラッカーが裏向きになっていたり、 ジャムがはみ出ていたり・・・・・ 「ジャムをはさむとき、見栄えをよくするために  クラッカーの面を揃えていた工程を省きました。」 なるほど。 このほうが断然楽しめる。 そういえば、「ちりめんじゃこ」の通販が人気だそう。 それも、ちびっちゃいエビやタコ、カニ、ウナギなんかが 混じった無選別のもの。 子どもが喜んで食べるからって、問い合わせ殺到、 売り切れ続出ですって。 今までは、人の手で一つ一つつまみ出していたから、 人件費もかかったけれど、無選別にしたことで、 人手が要らなくなった分、値段も安くなり、手間もはぶけ、 買い手も売り手も万々歳! このお菓子も通常のより30円くらい安くなっていると思う。 食べるぶんには、少々ズレていようが、裏向きだろうが こだわらないものね。 お菓子で思い出しました。 ずいぶん前の話になりますが、 中国の女性の方と飛行機の席で 隣どうし乗り合わせたことがあります。 年の頃は30代でしょうか。 日本に勉強に来られている学生さんでした。 国に子どもさんを残して来られてるとか。 その日は、久しぶりに故郷に帰る日でした。 彼女が言いました。 「日本のお菓子はおいしいですね。  中国に帰るときは、  いつもたくさんお菓子を買って帰ります。  子どもが喜ぶんです。  今日もいっぱい持ってきました。」 喜ぶ子どもを思い浮かべてにっこり笑った彼女の顔は、 もうすっかり母親のものでした。 今は、日本のお菓子が中国で作られ、 逆に輸入されることが多くなりました。 このクッキーもそうなんだろうと 一口、ポイ! 彼女、今頃どこで食べているかしら? <追記> 1909(明治42)年 伊藤博文暗殺される。 1977年 天然痘最後の患者見つかる。 アフリカ ソマリアで見つかった患者が最後の発症となった。 WHOは3年後、地球上から天然痘を根絶と宣言した。
posted by akane | Comment(0) | 日記