2009年10月23日

感動!プロの仕事

以前、NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」で 国宝阿修羅立像の運搬の舞台裏を見た。 阿修羅は、中が空洞。 布の上に漆を固めて作った非常に繊細なものであり、 そのうえ劣化が激しく、細かいひびも無数に入っている。 わずかな衝撃でもくずれやすい。 それを損傷することなく、いかに送り届けるか? 日本通運の美術品梱包輸送者 海老名和明さん(62歳)は、 美術品梱包輸送の分野では初の「現代の名工」に選ばれた 文化財輸送のスペシャリスト。 今でも現役、第一線で活躍されている。 海老名さんは、文化財の状態はもちろん、 運搬経路の路面までくまなく調べ、 くぼみがあれば穴埋めまでする。 振動を減らすためだ。 保護するための器具や装置も考える。 これでもか!と徹底していた。 ほんとに凄い!と思った。 昨日、弓の練習の帰り道。 11月に入るとすぐ、近所の公園で「菊花展」がある。 そのための搬送だろう。 ほろをかぶせた軽トラックの荷台に、 道路わきの家の花畑から、大きな花を咲かせた菊の鉢を 3人の男性が運び入れていた。 (おじちゃん、今年もきれいに咲かせたなあ・・・。) 横目で見ながら通り過ぎた。 (うん!?) (今の、土??) 目をかすめたのは、荷台に積もられた黄色い土。 5センチくらいの厚みで、荷台の奥から手前まで びっしり敷き詰めてあった。 思わず引き返した。 「あの、これ、わざとしてあるんですか?」 「そうです。」 作業服を着たお兄さんが笑った。 プロだなぁ?と思った。 いい仕事見せてもらったなぁ?と思った。 <追記> 仕事の合間、10分ほど時間が空いたので、 本屋に寄った。 いつものコーナーに足を運ぶ。 日垣隆氏の新刊「折れそうな心の鍛え方」を 見つけたので、手にとって眺めた。 泣ける映画が紹介してあった。元に戻す。 他におもしろそうな本はないかと視線を泳がした。 おお!林成之氏の「脳に悪い7つの習慣」! これおもしろそう!! 「コツコツがんばる」「上司には素直に従う」 「“ここぞ”というときに緊張するといけないので、リラックスする」 「記憶したいときは、言葉をくり返し唱えて覚える」 ・・・・・こうした習慣は脳によくない・・・・・ むむむむむ。。。。こりゃあ、この本は読まなきゃ損!! それになんだ、この帯のコピーは!? やめるだけで脳力10倍アップ!」 上手い!上手すぎる!この編集者さん、かなりデキル。 林氏は、脳神経外科の第一人者。 「<勝負脳>の鍛え方」もそうだったけど、 「脳のしくみ」も書いてくれているから、 勉強にもなるし、興味も沸くし、メチャはまるのだ。 もちろん買った。 予想は裏切らないおもしろさ!!
posted by akane | Comment(0) | 日記