2009年10月03日

山、やま、ヤマ。

本日、お日さまギラギラの朝。 時折、風がス??と通る。 気温25度なり。 下界の状況からすると、絶好のハイキング日和であるが、 ベランダから六甲山を眺めてみると、 今朝の六甲山 ガスっている。 昨日、一日降り続いた雨のせいで、 足元はさぞかしぬかるんでいることだろう。 今日、登山計画のある人は、 山を見てからでかけたほうがいい。 腰が元気だった頃、よく山に登った。 立山、穂高、槍ヶ岳、乗鞍、白馬、剱岳、剣山、大山、 白山、石鎚山、尾瀬、富士山・・・・・ (下は、過去の写真をデジカメで撮ったもの。実際の感じが伝わりにくくて残念!) yama1 (立山。稜線を歩く。てっぺんを歩く。) yama2 (3000メートルから、下をのぞく。街は、もっと遥か雲の下。) yama3 (穂高。前穂高への道。がれきの山。) yama4 (あのてっぺんを目指す。) 立山(たてやま)、剱(つるぎ)、大山(だいせん)は、幾度も訪ねた。 「山登りなんて、興味ない。」って人でも、 立山は、一度は行かれるといいと思う。 バスツアーで行って、登山まではしなくても、 室堂(むろどう)を散策するだけでもいい。 3000メートルの山の上には、別世界が広がっている。 これがあの、がれきの山の上かと目を疑うことだろう。 五月の5メートル以上にも及ぶ、雪の壁の中を行くのもいいが、 赤、黄色、茶色・・・・・黄金に輝く秋が素晴らしい! (晩秋に行くと、雪が降る時がある。寒いよ。。。。) 昨日の日記は、山の話で終わりそう。 重いリュック担いで、絶壁を登る・・・・今はできないなあ・・・。ぐしっ。
posted by akane | Comment(0) | 日記