2009年10月11日

目標はなくても大丈夫。

rokko09.10.11 おだやかな秋空です。 お祭り2日目。 今年は、昨年より空気がひんやりしてます。 肌脱ぎしている人は、寒いんじゃないかな? 先日、撮っておいた阿川佐和子さんゲスト出演の番組を見ました。 阿川さんの歯切れのいい語りは、おしつけもなく、嫌味もなく、 見ていて気持ちがいい。 かつて「筑紫哲也NEWS23」にレギュラー出演されていたときの話。 筑紫氏の隣に座って、エライ方々が意見を述べておられるのを 「うん、うん。」とうなづいて聞いていたが、 実は、まったく訳が分からず、感心して聞くばかりだった。 で、締めくくりに「コマーシャルのあとは、●●についてです。」 と入れるのが仕事。●●もなんだろうと思いながら言っていた。 この事実には、私もびっくりしました。 だって、訳が分からずやっておられるようには到底見えなかったですもの。 キャスターを自ら辞めることになったとき、 真剣に、ある人が言ってくださったそうです。 「君はこの世界に入る時、親の七光りで入った。  (お父様は、作家の阿川弘之氏。)  次に筑紫さんの隣に座るというこれも筑紫さんの七光りだ。」 そのあと、阿川さんは「スイッチを切る」ために、 アメリカに出発することになりました。 「阿川さんのこれからの目標は?」との質問には、 「目標はありません。」との答え。 以前、張芸謀 (ちゃんいーもう)監督と話した時、 監督は、映画監督になろうとしてなったわけでなく、 いつのまにか監督になっていたとおっしゃった。 人生の分かれ道で、そのときそのとき、どちらかを選んでいくと、 最終的にたどり着くべき所に着いているという。 だから、今をちゃんと生きていれば、 そうそう間違った方には行かない。 だから、目標なんてのはない。 聞いていて、なんだか身も心も軽くなりました。 目標なんて掲げると、それに向かってわき目もふらず 突進していけるといいのですが、そうもうまくはいかなくて、 時に回り道をしているようなあせりや不安がよぎります。 でも、「目標なんてない!」なくても「間違った方向に行かない。」 と言ってくれる人がいると、今やっている小さなことが 間違ってないような気がして、またがんばろうと思えます。 阿川さん、いいですね?。 著書、いっぱい読んでみたいと思います。
posted by akane | Comment(0) | 日記

2009年10月10日

転んで掴んだもの

今日、明日は、地域の秋祭りです。 終日、市内をだんじりが練り歩き、明日は近くの小学校で パレードや出店、市内だんじりが勢ぞろいの練り回しもあります。 今年は、これからかな?また暑くなるかな?もう秋かな? なんて思いつつ、ずるずると夏から秋を過ごしたようで、 気がつけば、10月10日。すっかり、秋になっていたのでした。 さて、昨日は、9日ぶりに弓道場へ。 弓を引いてみると、左の腕は力が入りにくいのですが、 右の方は動かしやすくて、柔らかく引き取ることができました。 ただ、5本目くらいから一本引くごとに、頭がふわ?っと・・・・ 体に力を入れると、血圧が下がるんですね。 立とうとして袴を踏んづけてしまい、40センチ高さの 控えの座から、思いっきり横転落下! 視線集中!めっちゃ、ハズっ。。。。。。^^; なんか、すっかりおばあさんになったよう。 足腰、弱るのって早いですよ?。 お年寄りが一週間寝込んだら、もう寝たきり生活になるのが よく分かります。 ああ、いい体験です。 半年ぶりに、N君と会いました。 N君は、4年前、四段受審を同じ立ち(たち・・・演武)で受けた人。 いわば戦友みたいなものです。 同じ会に所属しているのをその時初めて知りました。 練習時間が違うのでたまにしか会えませんし、 とってもシャイなので、 会っても一言二言声をかける程度です。 いつもは、私からあいさつするのですが、 昨日は、彼のほうから「お久しぶりです。」と 声をかけてくれました。 あいかわらず、目線は下向きでしたが・・・・。 昨日の彼は、ずっと的の前で引かずに、 巻きわらの前で、基礎練習。 的の前で2本ほど引いては休む。 矢取り(的めがけて引いた矢を取りに行く。 溜まったら誰かが行く。)が、同じになったので 少し会話をしました。 「引けば引くほど、下手っピーになるわ。難しいねー。」 ・・・・・ 「(僕は、)半年ぶりに来ました。」 「あ、休みが取れたん?」 「はい。水曜日に来たら、いきなり立ちに入れられて、 めっちゃ変な所に飛ばしてしまいました。恥ずかしかったぁ?。」 「ははは・・・・Kさんが入れたんやろ?・・・・ははは。」 「自分でも予想がつかなくて。的から大きく離れてしまいました。」 これ、初めて、N君の本音を聞きました。 感動もんです。 いつもは、自分の気持ちを表す言葉は言わないから。 立ちを組むにしても、「嫌だ。」とか、「休みます。」とか、 言ったことがなかったから、ちょっと驚きました。 いつもガマンしてたのかな? これからは、立ちを組むときはちゃんと聞いてからにしようと思いました。 それにしても、本音を聞けたのは嬉しかったです。 横転した姿を見せたのが良かったのかしら? はずかしかったど。
posted by akane | Comment(0) | 日記

2009年10月09日

失敗!

近くに松林の公園があります。 今朝、通ったら、アレっ!? まるで草原のよう。 細かいジャリが混じったような白い地面が、 あたり一面、茶色い松の葉っぱで覆いつくされて、 緑色の葉っぱをつけた枝が草が生えてきたように ポツポツと置かれていました。 まだ薄緑色の松ポックリもくっついていました。 強い風で落ちてしまったんですね。 シルバー人材のおじさんたちがせっせと 竹箒でかき集めていました。 むこうの方に山積みの茶色いかたまりが4つ見えました。 先ほど帰ってくる途中には、道路のあちらこちらで 掃き掃除をしているおじさんたちの姿を発見。 台風の後始末、いっぱいいっぱい、ありがとう (^.^) さて、昨日は台風一過の朝。眠れぬのまま仕事に突入。 途中、I 氏に会うのに時間が40分あったので、 腰を休めるためゴロンと横になった。 ふっと、我に返ると、2時5分!約束の時間を5分過ぎていた。 うわ????あああ!!!!! 跳ね起き、I 氏にTEL 。 そばにあったカバンを手にするや否や、飛び出した。 2時15分到着。 15分の遅刻。 I 氏は、快く許してくださったうえ、 私の腰まで心配してくださった。 まっこと、申し訳ない m(__)m 寿命が5年くらい縮まった。 ふ?っ・・・(;^_^A
posted by akane | Comment(0) | 日記

2009年10月08日

でっかい台風だった。

凄かった。 凄い風だった。 ぐらんぐらん揺れた。 家の中にいても、家ごとどっか持ってかれそうに感じた。 夜の11時頃から風が強まりだし、朝6時頃まで続いた。 長かった。 眠れない。 布団にくるまってじっとしていた。 明け方近く、ふっと意識が遠のいた。 少しだけど眠りにつけたような気がする。 6時半頃窓の外を見た。 市会議員さんの看板や公園の注意書きが 引きちぎられて散乱していた。 台風1 台風2 新聞屋さんの心配り。 台風3 あの風の中を出勤して、一部ずつ袋詰めしてくださったんですね。 ありがとう (^^)
posted by akane | Comment(0) | 日記

2009年10月07日

寒くって。

さぶっ! 最近やたらと窓に「カメムシ」がくっついている。 なんだか今年は、多いような気がする。 昨日も2匹くっついていたので、 網戸の上から、ピン!とはじいてやった。 窓を開けると、ひんやり。 部屋の中の空気がもぁ?と押し寄せてくる。 はりめぐったゴーヤの葉っぱにカメムシ。 くるまってた。 寒いんだよね。 これで、雨、風、しのいでいるんだ。 部屋の窓は、あったかいんかな。 今度はいじわるしないよ。 <追記> ・ くしゃみしても腰に響かなくなった。  今回は積極的に休養を決め込む。  仕事は復帰。弓は2日後くらいから再開予定。  スイミング、今後はフリーで。 ・ 時間ができたので、撮りためたビデオを見ることに。  -太宰治 斜陽 への旅-。  太宰治氏の娘さん、太田治子さんの話を聴く。  代表作とされる「斜陽」が生まれた過程。  愛もあるけれど、分かれば分かるほど怖かった。  茂木健一郎さんが書いておられる。  「この世の真実は、永遠に隠されてあると覚悟を決めよ。」 ・ 「過去の告白を書くことは、自分を追い詰めることになる。」   「日記を書きなさい。」   太宰氏から太田治子さんの母へのアドバイス。   のちに太宰氏は、その日記を使った。   それにしても治子さん、お父様の顔によく似てらっしゃる。  この他、撮りためたビデオは、あまりにもためすぎて  何がなんだか分からなくなっているので、全て消去した。  ・・・・・・結局、そんなもんだな。
posted by akane | Comment(0) | 日記