2009年10月16日

緊張の2時間

風、日差し、香り・・・・・優しくなりました。 キンモクセイの甘い匂いがふ?っと運ばれてきますね。 さて、昨日は、高段の先生方とご一緒させていただき、 範士じきじきの指導が受けられる練習に参加。 道場はシーンと静まりかえり、ちょっと体勢を変えるのも 申し訳ないくらいのものものしい雰囲気。 4つのグループが、交代に3回ずつ演武をしました。 2時間ひたすら範士に見ていただき指示に従うのです。 1回目、範士、何も言わずじっと見る。 全ての演武が終わって、講評。 2回目は、引く人の横について、射のアドバイス。 そして、講評。 3回目は、座ったまま修正部分を声かけ。 全ての演武の総評。 私は、先頭になって、後ろに続かれる先生方を 引っ張る役目をすることになってしまい責任重大。 それも、2回続けて先頭をおおせつかり、 間違えちゃいけない、間違えちゃいけないと、 心の中で何度も言い聞かせ、シュミレーション。 最後は、不安を振り切り、思い切って入場。 無我夢中で一生懸命やって、 思い通りにできたときは、本当に嬉しいものです。 先生方も分かっておられるから、 未熟者の私のために責任の重い場所を 体験させてくださったのです。 いつもと同じ練習を10倍やっても、 昨日の1回の練習のなかみの濃さには かなわないでしょう。 ありがたいことです。 範士の講評から、ポイントをメモしておきます。 ・弓は常に床に垂直に保つこと。   矢をつがえる時も、立ち上がる時も、引き分ける時も。   跪座(きざ・・・つま先立てて座っている)の時も。   ・一番先頭は、入場時、小股で早く歩くこと。  そのほうが後の人が足を合わせやすい。 ・自分の立ち位置が横目で見えて、正面に向きを変えた時には、  立ち札のあるまん前に立っていること。  こういうことがきっちりできることで、気合いが入る。  息合いのそろった演武ができる。 ・現在の主流は、「大離れ」。  (矢を放った後、大の字になったように両腕を開いている形。)  一文字に伸びよ。 前回参加したときにやったような失敗は、 誰もしませんでした。 人は失敗をして覚える。 恐れることなく、いっぱい、失敗しましょう! (いつも迷惑かけっぱなしのみなさんへ、ごめんなさい(^^ゞ) <追記> 92歳、車椅子生活の I さん。 3日前、38.5度の熱があると聞いた。 昨日、入院したという。 I さんは、もと医師だ。 「肺がおかしい。」とかかりつけ医に電話。 肺炎だったらしい。 入院を拒んでいたが、食事が取れなくなり、 やむなく病院に運ばれた。 元気になって、早く帰って来られることを祈る。
posted by akane | Comment(0) | 日記

2009年10月15日

弓道教室3回目?弓と矢を持つ?

「何本、矢を打った?」なんて言いますが、 打ったとは、弓道では言いません。 「何本、引いた?」と言います。 また、「弓を引く」と言うものの、 実際は、引くのではなくて、押すのです。 押し開くというイメージでしょうか。 弓は、3分の2押して、3分の1引いて、 それでちょうど真ん中でバランスが取れます。 初心者は、弓を引く方に気をとられて、 たいてい体が右に大きく傾きます。 左の肩が押し負けて、後に下がってしまいます。 昨日で初心者教室、3回目。 型のおおまかな段取りを学んでいただき、 いよいよ弓と矢を持っての練習に入りました。 やはり、みなさん大きく右に傾きます。 何も持たずにやったときにはできた動作が、 弓を持っての練習に入ったとたんに、 思うようにできなくなります。 長い弓を取り扱うことが困難なのです。 持つことさえ大変です。 このあたりから、すんなりできる人、できない人が 分かれてきました。 押し引きのイメージが掴めた人はラッキーです。 イメージが掴めない人も、大丈夫。 必ず、引けるようになります。 的は目の前から逃げませんし、 基本の動作をひたすら繰り返すのみです。 繰り返し繰り返し、型を何回も何回も反復するんです。 ただ、この反復練習に飽きずについてこれる人が残っていきます。 もしかすると来週は、3,4人、減っているかもしれません。 みなさん、ここが踏ん張り時、がんばって!
posted by akane | Comment(0) | 日記

2009年10月14日

どこでもお湯がある時代

え?、本日も保守的なおばさんのぼやき。。。。。 昨日は、4ヶ月乳児健診の仕事へ。 場所は、市の保健センター。 来られるお母さん方は、とかくキレイだ。 縦巻きロールのヘアー、キラキラのアートネイル、 すそがひらひら、袖にはフリル、 中には10センチにもなるヒールを履いてくる人もいる。 全部が全部ではないけれど、 こういう人が増えた。 阪神間という地域性にも因るのかもしれない。 「ミルクを飲ませたいので、お湯をください。」 と言う人も増えた。 さすがにミルクの粉までくださいと言う人はいないが、 そのうち現れそうな気がする。 手元の情報を調べてみると、 昭和55年以降生まれのお母さんから、そういう人が多くなる。 1980年代、日本の景気が上り調子で消費時代に入った頃。 ホカ弁が出たのは30年くらい前、 コンビ二が流行りだしたのが25年前ぐらいからだから、 ちょうどその頃生まれた子どもたちが、結婚し、 今、出産の時期を迎えている。 外出先で、知り合いの家ならともかく、 どこでも「お湯がもらえる」、「お湯がある」という発想。 コンビニのお湯で、赤ちゃんにミルクを飲ませるのか? 今の時点では、保健センターでは、お湯のサービスはしていない。 これまたそのうち、「公共の機関なのに、サービスが悪い! 24時間いつでもお湯くらい出るようにしとけ!」 という苦情が来るかもしれない。 そういえば、ロビーに飲み物の自動販売機が設置された。 市販のより10円安い。
posted by akane | Comment(0) | 日記

2009年10月13日

ヒントは目の前にあった。

弓道誌 積極的休養(単なるサボリのような気もする。)に入って、 12日目。 本の山と山とのすき間から弓道の文字が見えた。 毎月送られてくる雑誌。 届いた日に目を通したあとは、ポン!と本棚の前に。 またあとでじっくり読もう・・・・なんて思っては、いる。 結局、どんどん山が高くなるばかり。 (読んでみよっかな?) 平成19年12月号。 第58回全日本男子弓道選手権大会総評。 メッチャ、おもしろい!! 他にも、 弓道診断室、 弓道教本第一巻の質疑応答、 弓ごよみ(私の愛用の弓を作られた弓師さんの手記)、 ・・・・・・ さらにさかのぼって過去のものを引っ張り出し、 昼から夕食までのめりこんだ。 1年分まとめて読むと、どこが重要な話なのかがよく分かった。 審査のときにどういったところを審査委員が見ているのか、 どんなふうに評価するのかも感じ取ることができた。 大事なことは、繰り返し出てくるのだ。 明日から、本格的に復帰。 どんな弓が引けるか、とっても楽しみっ!
posted by akane | Comment(0) | 日記

2009年10月12日

祭りの世界

上から眺めていました。 danjili わが町内の地車は、女性と子どもも押したり引いたりしています。 数年前からその傾向はあり、この3年ほどで急激に増えました。 「あかねさんは、引かないの?」 誘われますが、もっぱら見るほう専門です。 これがレディースだけの地車だったら、やってるかもしれません。 石川の田舎に住んでいた小学生、中学生までは、 秋祭りの獅子舞のお囃子の笛をふいていました。 田舎の獅子の頭は、50センチ四方にもなるでしょうか。 目や鼻がかっぴらき、真っ赤に怒り狂った顔。 4、5メートルにもなる胴体をひっさげて 上から襲い掛かかろうとします。 その獅子をさんばら髪にした「棒ふり」が、 あごの下から、ノドをかきあげ、脳天をつく・・・・・ 家々を回って、それが2日続きます。 獅子舞も棒ふりも、真剣で、そしてくたくたでした。 男の戦いだと思いました。 遊びや息抜きとも言いますが、 女が近寄ってはいけない世界があると その時、感じました。 だからかもしれません。 今でも、祭りには裏方で手伝うことはあっても、 わたしは、地車にはめったに触りません。 触れないです。 な?んて、今の時代、 あたしって、意外に保守的かもなぁ?。
posted by akane | Comment(0) | 日記