2009年09月03日

電話が第一印象

ありがたいことです。

掲載ミスがあったにもかかわらず、
すでに、3人の方の申し込みがありました。

間違いのお詫びを言うと、
みなさん、快く承諾してくださいます。

たとえ「全30回」でも、申し込もうとされたこの方々の気持ちを思うと、
弓道教室、しっかり運営せねばと心が引き締まります。

電話応対の方は、昨年、接客の達人に教えていただいたことを
片時も忘れることなく、守っています。

1.明るく落ち着いた口調
2.ハッキリした口調
3.語尾がしっかり聞こえる 


それから、もっとも大切なポイントは、

「話の内容よりも、印象が残る」

ということ。

電話での私の応対が、弓道教室のイメージをつかむ
第一歩になるんですよね。

開催まで、ひと月。

心の精進と思って、がんばります。
posted by akane | Comment(0) | 日記