2009年08月21日

「頂点」を目指して。

19秒19ですか! 飛びぬけてますやん!! 一緒に走っているのは、みんな世界トップクラスなんですよ。 すごいわ。 コーナーなんか、遠心力、押さえながらでしょ? あの大きなカラダをセーブする筋力って、どんなん? 今まで、ボルト選手くらい大きな体の選手が 短距離で活躍しているのを見たことがなかった。 「毎日、練習、練習、練習、練習・・・・その成果が実った。」 と、ボルト選手。 なんと素朴なコメントでしょう。 ソフトボール元日本代表の高山樹理さんが、 今、ボブスレーの選手として頑張っておられます。 高山さんが言うには、「やればやるほど癖が出てくる」。 思わず、うなずいてしまいました。 わたしが、弓仲間を見ていて思うのは、、 練習すればするほど、癖が強くなっていっている人がいるということ。 弓道では、「一人稽古はするな!」と言われています。 毎日、毎日、自己流のこだわったやり方をしているうちに、 「癖」を体にしみつけるような練習になってしまうからです。 それでも、毎日、道場に足を運んで、 自己流の練習をする人がいます。 練習量は多いから、タイミングさえ合えば、 的には当たるようになりますが、 そのうちに、伸び悩みの時期がやってきます。 カラダのあちこちを痛めてしまうこともあります。 そして、試験に合格しなかったとき、 「なんで、合格しないんだ!私は、あれだけやったのに!」と 周囲にあたり散らしたり、愚痴をこぼしたりする・・・・。 ボルト選手は、カラダの大きさ、質ともに、 もともと良いものを持っておられたんだと思います。 そして、さらに、それらを生かしたトレーニングの仕方を指導する コーチやその他のサポート陣の努力も素晴らしいのでしょう。 良い環境と、良い指導、良いカラダ、 3拍子そろっての、頂点ですね。
posted by akane | Comment(0) | 日記