2009年08月05日

くだらない話

昨晩、NHKで再放送してました。 1982年1月3日放送。 「若い広場 オフコースの世界」。 アルバム「over」収録曲を制作していく過程を 追っていく番組。 27年前といえば、小田さん、33?4?歳といったところ? チューリップや赤い鳥、かぐや姫・・・・ 周囲がヒットを飛ばすなか、メディアの要求通りにはしない ポリシーを貫きとおした小田さん。 デビューから10年後、「さよなら」の大ヒットで、 それからの3年間、全速力で、日本武道館まで 駆け抜けたんですよね。 TVの中の小田さんは、つるんとして、若いんだけど、 あごに添える手の仕草や、目の表情を変えずに 間(ま)をおく静かな喋り方は、今と同じ。 そういえば・・・・・小田さんは、 コンサートで昔のエピソードは話すけど、 「あの時は良かった」なんて、話はしない。 酔っ払って、「俺は昔、こんなにすごかったんやで!」 な?んてお決まりの話を 繰り返す上司がいたら苦手だな。 それよか、 昨日見た空の話や、 秋の雲なんだそう。 (巻積雲(けんせきうん)高さ5?15キロの高所にできる。氷の粒。  天気が崩れやすい。坂のてっぺんから自転車で降りたら、  雲を逆なでするような不思議な感じがした。) 二の腕の内側、ぽにょぽにょしたところを 4つも刺した蚊はえらい奴だが、 やたらカユイじゃないかとか、 くだらないけど、 そんなことを聞くほうが、まだマシだと思う。 あれ?わたし、何の話してたっけ?? くだらない話、実は、わたしが一番してるかも。
posted by akane | Comment(0) | 日記