2009年08月26日

中島らも氏を偲ぶ。

生きていたら、57歳。 2004年7月26日、泥酔して階段から転落。 頭部を強打。 10日後、意識が戻らないまま、帰らぬ人となった。 常々、「階段から転げ落ちて死ぬという、そんなトンマな死に方がいいな。」と 言っていた。 中島らも氏。 2か月前、中島氏の著書に出会った。 名前は聞いたことがあったが、実際に文章に出会ったのは 初めてだった。 「すごい頭のいい人」・・・そう感じた。 文の展開がスムーズで、説明が上手くて、 情報がいっぱい詰まっていて、自分の意見もはっきり書いてあって、 内容も表現のしかたもおもしろくて、一気にのめり込んだ。 本屋に通っては、買い込んだ。 そのあとに知った経歴は、一般常識からみれば 「波乱万丈」。 東大進学率1位を争う進学校、灘高を試験を受けずに卒業。 (成績優秀だからではない。高校時代から生活はかなり荒れていた。) 薬物中毒。アルコール中毒。うつ病発症。 日常生活も、家には何百人もの人が出入り。 当然、素行は乱れる。 奥様もそんじゃそこらの並みの女性ではない。 文を書くときは、酔っ払っていたか、薬物でラリっていたらしいが、 著書を読んだ限りでは、まるでそんな感じはしなかった。 「まじめ」な文章だと思った。 誠実だと思った。 真剣に向き合って書いた文章だと思った。 これもあとで知ったことだが、中島氏は依頼された文章を書くときには、 まず、何十冊という本を用意し、読みふけったそうだ。 どんなに忙しくても、執筆前には必ずそうしたそうだ。 そのためにも、アルコールと薬物は必要だったんだろうか? 先日、覚せい剤取締法違反(営利目的所持)で捕まった男は、 こう言った。 「携帯電話にかかってくる客の注文に応じ、  コンビニのように年中無休で売っていた。  疲れていたので、、麻薬をやりながら売った。」 疲れていた。 疲れが吹き飛ぶ。 いつもと違う体験ができる。 中島氏が「埋められなかった」ものって、なんだったんだろう。 薬物で逮捕されるニュースを聞きながら、 故人の生き方を思惑する今日この頃。
posted by akane | Comment(0) | 日記

2009年08月25日

私は左側から・・・・。

昨晩、ラジオを聴いてましてね。 ナビゲーターの方が、デートの話をしていてね、 女性に「右側から声をかけると、印象がいい」という ようなことを言っておられたのですが・・・・そうなの? 心理学的に何かあるそうなんだけど・・・・・。 確かに右側の方が、右利きの人は振り向きやすいし、 意識が行きやすい。 私の場合は、左っ側の方が、気になるんだけれど・・・・。 ははは・・・・そんな単純な話ではないのかな・・・・・(^^ゞ さて、昨日会ったMさんの話。92歳、女性。 ついこの間まで、陶芸を習ったり、童話を作ったり、 俳句や作詞作曲・・・・・いろんな芸術を体験してこられたかた。 名前を呼ぶと、ニッコリ。ステキな笑顔。 ああいう落ち着いた、周りの空気も溶かしてしまいそうな やさしい笑顔というのは、90歳ならでは、だと思う。 いっぱいいろんな体験をして、 酸いも甘いも分かって、 何もかもを許してくれるそんな笑顔。 そういう笑顔に出会ったとき、 私という人間を受け入れてくださったこと、感謝する。 やがていつか、私もそんなふうに笑えるようになるかな? なりたいな。 <追記> Mさん、かつて豊胸手術をなさったそうで。 ただいま、その場所が炎症を起こし通院中。 負けたぁ! バスに乗って。人生の旅。
posted by akane | Comment(0) | 日記

2009年08月24日

快挙!

おお????!!! やり投げ、村上幸史選手、銅メダルですか!! すごい!おめでとうございます! 女子マラソン尾崎好美選手の粘り、すばらしかった。 それにしても、ゴール。 トラックを回ってからと思っていたので、 いきなりのゴールテープの出現には、 びっくりしましたよ。 今回は、夜中の放送だったので、あまり見れなかったけど、 今度は、2011年韓国大会!いっぱい見たいと思います。 <追記> TV「ザ!鉄腕!DASH」で、昨日「DASH海岸」の放送をしていた。 干潟を作ることにより、海岸の環境が著明に変化している。 水中の微生物や植物、魚、貝たちが生息するようになり、 水がどんどんきれいになっていく。 北海道の旭山動物園じゃないけど、 こんな自然の営みを水中のカプセルの中から眺められる 仕組みがあったら、本当に素敵だなと思った。
posted by akane | Comment(0) | 日記

2009年08月23日

世界陸上ふたたび

ああ、400Mリレー、日本4位でしたか・・・・。 (もしかしたら、北京オリンピックのときのように・・・) な?んて、ちょっとばかり頭をかすめてしまいました。 いよいよ最終日、世界陸上ベルリン大会。 女子マラソンがありますね。 思い起こせば、2年前の大阪大会。 世界のトップアスリートたちが戦った競技場が、 どうしても見たくて、最終日、長居陸上競技場に 急遽、足を運んだのでした。 競技場の巨大バックスクリーンに写る選手たちを見ながら、2時間。 あっという間に過ぎました。 1、2位の選手とともに、土佐礼子選手が競技場に入ってきたときは、 大歓声!!会場がうねるように揺れました。 興奮したなあ。。。。同じ場所にいられて感激だったなあ。。。。 あれから、2年。 あの時、大注目だったタイソン・ゲイ選手や エレーナ・イシンバエワ選手、 アサファ・パウエル選手も、今大会に出場しました。 2年前は、ゲイ選手が100M 9秒85で優勝しています。 パウエル選手の9秒77が世界記録の時です。 今回、ゲイ選手は、9秒71で2位でした。 イシンバエワ選手も「記録なし」の結果でした。 あきらかにレベルアップしていても、 1位にはなれなかった。 あのときの感動は、今でも覚えているのに、 2年の月日は、思った以上に、 世界に大きな変化をもたらしているのですね。 <追記> 金メダル数 アメリカ 7個。ジャマイカ7個。 2年前    アメリカ14個。ジャマイカ1個。 ジャマイカの躍進、凄し!!
posted by akane | Comment(0) | 日記

2009年08月22日

子どもに帰る。

「20世紀少年」、おもしろかったぁ? (^.^) 昨晩のTV、ノーカット版。 第一章は、TV版を観たことがあったから、 (今回は、観なくてもいいや。)って思っていたんだけど、 一目観ると、ついつい引き込まれてしまいました。 根本は、ありふれたストーリー、単純な設定。 いかにも夢の中で想像しているようなことに、 大のオトナたちが、真剣に挑んでいくところが、 はたから見ると、プッと笑ってしまいそうになる。 だけど、だけど、のめり込むんですよね?。 「ともだち」、「よげんの書」、 目の中にひとさし指を立てた、不気味なマーク・・・・ それらは決してシャレたものじゃないのに、 繰り返し繰り返し出てきて、ビンビン脳を刺激する。 思い出しましたよ。 わたしもやりました。 仲間とともに。 缶カンにいろんなもん詰めて、地面に埋めて・・・・ 毎日穴掘ったら、どれくらい深くなるかな?・・・とか、 未来は、どうなってるとか・・・・ これは、ほかの子には内緒だとか・・・ いごごちのいい草むらを見つけて、 みんなで固まって、秘密を共有する。 ドキドキ、ウキウキ、わくわく・・・・ いっつも何かを想像してた。 それが、「現実になる」とか、「夢」だとか そんなことさえ考えずに、 ただ、想像することが楽しかった。 いつのまにか、忘れちゃうんですけれどね。 「20世紀少年」を観ていると、 登場人物たちと共有してしまうのかな? があるから、知りたくなる。 知りたいけれど、怖い。 怖いけれど、近づきたい。 小学生の頃と同じ自分が、まだ心の奥にいて、 熱くなっているのを感じます。 <追記> 今朝の新聞。 目に飛び込んだ巨大ロボット。 ただ今、JR新長田駅南地区にある若松公園(神戸市長田区)で、 鉄人28号原寸大モニュメント製作中。 すでに胴体の組み立て終了。 裸の鉄人が立っている。 本日中にも、両腕が付けられる。 地面から胴の先端まで、約13メートル。 9月下旬に完成予定。 昨日TVに出てきた細菌ロボットとだぶった。 なんだか、怖い。
posted by akane | Comment(0) | 日記