2009年07月13日

永遠の憧れの人

ふ?っ・・・・暑かったぁ???。 もう、セミがガンガン鳴いてる。 一つ仕事がキャンセルになったので、 空いた時間に弓具やさんに行ってきた。 朝一番乗り。 欲しかった遠的矢(えんてきや)が合うのが無くて買えなかったけど、 弓の形の矯正についていろいろ伺えたので、行って良かった。 矯正具と握り皮を購入。 本日、5パーセント引き (^^)v さ、昨日の日記。 夕方TVで、小田和正さんと佐野元春さんの対談番組をやっていた。 この間から、編集を変えては放送されている。 3回目を見る。 小田さんは、歌を作る時、曲が先行。あとで詩を考えるそう。 で、その詩を書くのがスラスラ出てくるわけでなく、 苦しんで苦しんで、ああでもない、こうでもない、 どっちにしようと、考えて考えて書くのだそうだ。 究極は、最後の言葉が見つからなくて、一から考え直すこともあり。 何故そうなるかは、初めがおかしいから、最後が書けないんだってこと。 佐野さんは、歌詞を書くのは困らないそう。 どんな本を読んだかという質問では、 「藤沢周平」と「夏目漱石」。 「藤沢周平」と聞いたとき、なんだか嬉しかったなぁ。 聞いたとたん、「やさしさ」という言葉が浮かんだ。 現代に忘れられつつあるやさしさ溢れる藤沢周平作品。 小田さんの歌とだぶってしまった。 やっぱり、小田さんは、いい! 淡々と喋る口調も、 時折、お茶目なこと言って笑わせてくれるのも、 めっちゃ男なのに、感動してはホロリ。。。。も・・・・ お体、大事にして欲しい。 最近、しょっちゅうコンサートで転んでいる。 昨年の12月のコンサートでは、腰を抑えていたし、 脚を引きずっているようにも見えた。 ジムで身体を鍛えているとは聞いたけど・・・・ ずっと走りつづけて、62歳だもんね。 そういえば、なんだか声も喋り方も小林秀雄氏に 似てきておられるような気がするんだけど、 そう思うの私だけかなあ。。。。。。。
posted by akane | Comment(0) | 日記

2009年07月12日

ポスター作ってみました。

できた?ぁ! うぉ?????ぁぁぁぁ!! できた!できた! はっはっはっはっ!! ・・・・・ できて・・・よかっ・・・・た・・・・・・・・・(;^_^A とにかく2パターンを持っていって、 遠くまで文字が届く方を貼ることにする。 「弓道」の文字の影はもっと濃くできないのか? (図形で作ったらできたのかな?)とか、 ピンクのラインは、弓道の文字色を変えると どうして薄くなるのか?とか、 印刷すると、全体的に色がくすんでしまうとか・・・・ ふちなし印刷はなぜ色が濁るのか?とか・・・ 幾度もトライして、今の私にはこれが精一杯。 畳一畳半くらいの掲示板に隙間なく貼られるポスター。 A4サイズ、大きくない。その中に、どうおさめるか? ほとんどのポスターが、ぎっしり文字を埋めてある。 その中でダントツ目を引くようにするには、「余白」がポイント。 大きくゆとりあるように見せること。 そんな感じがした。 NHKの放送によると、原画を描くアニメーターの月収は、 20代の人が平均月10万円。 原画の値段は一枚200円ほど。 出来高制のところでは、一日10時間描いてそれくらい。 少しずつ上がって、60代で年収450万円代になるものの、 若いアニメーターは、夢を抱いてその世界に飛び込むが、 生活が苦しくて止めてしまう人が多いそうだ。 昔は、複雑な原画を描く合い間に、 一部分だけ描くシンプルな原画もあって数が稼げたが、 今はそれらをコンピュターが取って代わった。 複雑な原画は手作業。 日本のアニメがトップでいられるのはこれだ。 以前、アートデザイナーをしていた方と話したとき、 ポスター1枚、10万円で描いていたことがあったと聞いた。 「スゴイ!」と私は思ったが、その方が言った。 「それじゃ、生活がなりたたない。」 「割りに合わない。」・・・・。 芸術の世界は厳しい。 いや、他の世界も同様。 「アート」まで突き詰めると厳しいもんさ。 いつも通る体育館の廊下。 その壁にも、たくさんのポスターが貼ってある。 臨時講習会のポスターたち。 ひときわ目を引くのが、パン作り教室の募集。 淡い色画用紙の上に、参加者が焼いたという こんがりパンの写真を貼り付け、 タイトルを別の紙に書き、切り抜いて貼ったもの。 ところどころにミルクカップの絵の切り抜きも貼ってある。 見ていてほっこり。 小学生のとき、こんなのをよく作った。 はさみをあてたあとが、ところどころ角張っていたり、 微妙に文字が大きかったり、小さかったり、ゆがんだり。 妙にいい。 ふっと力が抜ける。 なんでかな? おっとっと、取り留めなくなってきた。 オチが無いまま、今日はこの辺で。
posted by akane | Comment(0) | 日記

2009年07月11日

生涯現役!

今日はやたら朝の日差しがまぶしいな・・・・・って、思ってたら、 8時過ぎには、蝉が鳴きだしました。 お日様が、部屋の奥まで差し込んで、 パァ?と明るくなります。 すでに27℃。本日も暑くなりそうです。 たまごかけご飯(結構好きです。)をかき込み、さ、ブログアップです。 うちのおじいちゃんは、倒れて2日後、 意識が戻らないまま天国に行ってしまいました。 歳も90近かったし、ずっと元気で畑仕事をしてましたから、 人も羨む大往生でした。 おばあちゃんは、倒れてから10年、 ずっと歩けずに布団の上で過ごしました。 四つん這いができるくらいの体力があったから、 リハビリすれば立って歩けるようになっていたと思うけど、 「運動はイヤじゃ?????!」と言って、 あっという間に退院してきてしまいました。 まあ、明治生まれの田舎の女性でしたから、 足をバタバタさせるような運動は、 あまり体験していなかったからかもしれません。 リハビリの方法もいろいろあったはずなんですけどね。 おじいちゃんのように、コロッといけたらいいけれど、 なかなかそうはいかないのが現状です。 麻痺や筋力の低下、関節の拘縮などが起きた場合、 また、それらの予防のために、リハビリを受けるのですが、 困ったことに、今、そのリハビリを受けることすら 困難になってきているのです。 成果主義が導入されてから、国が決めた項目において、 リハビリしても、3項目以上変化が起きない場合は、 医療点数がもらえないというシステムになりました。 そうすると、病院側も経営していかねばなりませんから、 リハビリしても変化が起きないだろうと予測される人を 入院拒否するようになりました。 入院期間も短縮されていますから、 短い期間で劇的変化のある患者さんが優先されます。 よって、寝たきりの人、重度の麻痺のある人・・・・は、 国が決めた項目に当てはまるには、時間もかかるし、 要求される項目の運動レベルが高いので当てはまらない場合も多く、 医療点数が加算されないため敬遠されます。 なんだか、さみしい世の中になりました。 患者さん自身も家族の方も、独自のニードが通りません。 サービスを提供する側だって、実際に求められているニードから 外れたことをしなければ経営がなりたちません。 重度の人たちは、在宅でのサービスを受けることになるのですが、 そのサービスの提供側もまだまだ数が足りません。 この先、長生きの人はますます増えると思います。 寝たきりになっても、胃ろうや高栄養点滴などで 十分、長生きができます。 でも、やっぱり布団の上だけの生活は辛いものです。 私は体を鍛えますよ。 なぜって、90歳になるまで現役で弓を引き続け、 明治神宮の奉納射会に出場! 新聞や雑誌の取材を受けるのが夢ですもの。
posted by akane | Comment(0) | 日記

2009年07月10日

ペディキュアな夜

「子は親の鏡」って、中学生のころかなあ・・・初めて聞いた。 何の話をしていたかは忘れたけど、保健の先生が 「あなたを見ていると親御さんが分かる。」 と言った。 あとで聞いた話では、親は親で 「お子さんを見ているとお家がどんなのか分かります。」 と言われたらしい。 そのとき私は、お年頃。 思春期、反抗期、真っ盛り! (親とは、違う!) そう思った。 今でも違うと思っている。 ただ、違っていても似ていても、 やっぱり「私は鏡」なのだと思う。 映し出している。 今まで出会った人、できごと、これからのこと・・・・・ 夜、どんよりした蒸し暑い夕方までの空気とは一変して、 外は葉っぱが舞う強い風。 ピンクのマニュキアを選んで、足の爪にのせた。 (似合わないな。) 次に選んだのは、 塗ったか塗らないか見分けがつかないくらいの 半透明のサクラ色。 コレがいい・・・・。 それなりのいろんなことを学んで生きてきたと思う。 自分が選んだんだと思う。 ラメ入りのピンクやシルバー、マットなピンクは、 もう捨てよう。 風が肌にあたってなんだか寒くって。 もうすぐ梅雨も明ける。 これからは、コレでいい。 そこからまた何かが始まるんだね。 <メモ> 「たねや」のどら焼きは、めちゃ美味しい! 書いておかないと「ねたや」だったか、 名前を忘れてしまいそう。 餡をはさむ皮(?)が、いい。 焼き色の良さ、甘味がほんわり。 今まで食べたどら焼きの中では、一番だな。 めぐり合わせてくれたKよ、感謝!
posted by akane | Comment(0) | 日記

2009年07月09日

次はポスター。

弓道場で皆にチラシを見ていただいた。

落ち着いた方(昨日のブログの左のチラシ)が人気があった。

「こっちの方が、年配の人にウケると思う。」という感想が多い中、
82歳の男性の方に、チラシを並べて聞いてみた。

「どっちがいいでしょう?」

「わしは、こっち。」

それは・・・・・右側の方だった。

的(まと)の絵がついているところが、いいそう。

なーるほど。。。。。

次はポスター作成だ。

掲示板を見てまわった。

寸分の隙間もなく、びっしり貼られた多数のA4ポスター。

前方に立って、眺めてみた。

目立つのは、紙面を3分の1くらい使った「YOGA」の文字。

目を留めてもらえないと意味が無い。

デン!と、「弓道」の文字をいれよう。

忘れずに「的」の絵もね。


<追記>
昨日、聞いた話。
先日の日曜日、県立道場にて昇段した先生方の祝射会があった。
私は参加せず。仲間から聞いたこと。
「○士(れんし)」試験に受かった先生の話。
面接試験で「○士になったら、あなたはどうしますか?」
と聞かれた。
「弓道教本第一巻をまた勉強しなおします。」
と答えたとのこと。
弓道教本には大事なことがいっぱい詰まっているとの
会長からのコメントあり。
読んでも、むずかしくて実感できないことが多いけど、
「読書百篇意おのずから通ず」ただいまチャレンジ中。

もし、わたしが同じ問いをされたら、なんて答えるだろう。
「何も変わりません。」
そう言ってしまいそうだ。




posted by akane | Comment(0) | 日記