2009年06月24日

都合のいい脳

ヒトの脳って、都合のいいヤツで、見たいものしか見ない。 自分が混乱しないようにものを見たがる。 いろんなことを自由に想像することだってできるが、 それだって、自分の経験値から想起することであって、 結局、主観的。 昨日、街で見かけた。 白い建物、ステンドグラスとくれば、「チャペル」だろう。 ステンドグラスの窓からは、色とりどりの光が差し込み、 正面には十字架のイエスキリスト。 見かけたとたん、静粛な気持ちになるというもの。 それとも、ダンスホール? 男女手を取り合って、くるくるターンをしてる。 だけど、これはいったい!? yakiniku もやもやする違和感。 脳の中で、神経細胞が激しく走り回る。 つながらない! 脳の底まで掘り起こす感覚。         焼肉 = ステンドグラス カスカスになるまで搾りだしてみる。 この店では、お肉が十字架に刺して出てくるんだとか、 パイプオルガンの演奏を聞きながら、 焼肉をナイフとフォークで食べるに違いないとか、 訳のわからない苦しまぎれの結論だ! 新しい情報と今までの情報を結びつける脳。 これで結構、頭の中が安心してしまうんだから、 あたしの頭って、いいかげんだなぁ。 そういえば、最近は、結婚する男性がキレイだと思う。 男性も結婚前にエステとダイエット。 これが普通の時代になったようだ。
posted by akane | Comment(0) | 日記