2009年06月13日

心は固く、コンタクトは割れる。


知らないふりをつき通す。

そういうのがいい場合もある。

本日の連続TV小説の「つばさ」。
石橋蓮司さんの演技。

ドラマ風ハッピーエンドなら娘の名前を呼ぶところ。

わかっちゃいるのに、最後まで「看護婦さん」。

「おとうさん・・・」、「麻子(あさこ)・・・・」と抱き合わないのがことさら、リアル。
現実は、そういうもん。
な?んにも言わずに我慢。
これがまた、苦しい。

涙をそそられる。

でもね・・・・二人の会話は、他愛ない言葉のやりとりでも、
心の中では相手の気持ちと対話してる。

言わなきゃわかんないってのも、本当だけど、
言わなくてもわかるってのもありだと思う。

あ!昨日の日記。

コンタクトが割れた。
洗って容器に入れたとたん、割れたみたい。

入れた後、容器の中を覗いたら割れていた。三分割。

こんなに短い期間で破損したのは、数十年使っていて初めて。

購入先の眼科へ。
新しいのと交換してくれるって。

目の中で割れたらどうやって取るんだろうと
そんなことばかり考えていた昨日。



posted by akane | 日記