2009年06月10日

がむしゃらに学問しよう!


読みたい本が、どんどん溜まって大変です。

ブクログに載せてあるのも無いのも、頭の中で、てんこもりです。

どれもこれも一番に読みたいので、いっそのこと、amazonに
一気に注文しちゃおうか!なんて考えたりもしますが、去年体験済み。

それやって、同時進行10数冊。

頭が、ぐるぐるぐるりん!結構ハードでしたよ。
わたしには、やっぱり3、4冊ゆっくり読むのが合ってるかな。

さて、今日も小林秀雄氏の話を少し。

CDでは、講演をまるまる収録してありまして、それには、質問と返答も
そのまんま入ってます。

「君はなぜ、そんな質問をするのかね?」こんなふうに、
小林氏は、質問した学生に向かって、たびたび尋ねることがあります。

昨日聞いた部分では、人生の悩みについて質問した学生に、
「悩んでいるというが、君は、考えたことがあるか?
 たくさんの偉人たちが、自分たちの考えつくしたことを本にしている。
 ・・・・・・悩む前に、学問したらどうだ。・・・・・」と、一撃アドバイス!

そうですね。

わたしもそうなんだけど、いつも何かに悩んでいる気がします。

無い知識で自分の過去の体験だけで、ただ一つの答えを出そうと、
頭の中で堂々巡りをしているんですね。

それって、はたから見ると、日常生活に起こったせっかくの「揺らぎ」なのに、
自分のいつものパターンで処理してしまうのは、もったいないことです。

そこでいろんな思想を知れば、違う展開もあるかもしれないし、
自分をまた一回り成長させるチャンスになるかもしれないんですよね。


  悩むんなら、学問する。
  
  悩みが大きいほど、学問に打ち込めばいい。

  偉人たちの名著を読もう!

  学問すると自信がつきます。悩んでいる暇もないくらいやるといいです。
  あれがこれが・・・・と言う、暇がなくなります。 



・・・・・なんてね。

実はこれ、自分自身に言い聞かせてるんですよ。


posted by akane | Comment(0) | 日記

2009年06月09日

歳をとる楽しみ


カルピスソーダの新CMが、見ごたえあります。

水玉模様のぴったりレオタードを着た男子たち。

前後、上下、左右、四方八方、飛んだり跳ねたり!

サイダーの泡がシュワーとはじけるあの感じ。
躍動感と柔軟性にあふれた演技を見せてくれています。

男子新体操の選手(高校生)だそうです。

オンエアーはいつだったかな?注目です!

さ、日記。

昨日、小林秀雄氏のCDを聴いていて、思わずうなった一言。

「正しいことなら、子どもでも分かる。」

確かにそう。

「正しい」、「間違い」の判断だけなら、むしろ子どもの方が
即座に振り分けできるんじゃないかな。

ここで、「歳をとる」ということは、いったいどういうことなのかと考えてしまうのだけど、
四十になっても、五十になっても、六十になっても、若い感覚やものの考え方を
しなくてはいけないんだと思っているのは、残念なことです。

事の道理からすると間違いだと分かっていても、
そのときの相手や場との関係で、答えが変わるということを知っている。

それが、「歳をとる」ということの極みなんですね。

ただ、誤解の無いように書くなら、「大人の都合のいいように物事を解釈していい。」
ということではありませんよ。

歳を重ねるごとに、体の若さが失われていくのは当たり前。
でも、「考えることをやめちゃいけない。」と、小林氏はおっしゃっています。

昭和36年の講演のCDですから、かれこれ50年近く前になりますね。

CDを聴きながら、小林氏が今の世の中をご覧になったら、
どのような感想をもたれるのかと想像をしてしまうのだけど、
50年前の講演にすでに答えがあるというか、古さというものを全く感じない。
まさしく「考えるヒント」をたくさん教示してくださっています。

その歳になってみないと、分からない考え。

そういうものを追求してみたい。

歳をとるのも楽しみだなっと、本気でそう思った昨日でした。



posted by akane | Comment(0) | 日記

2009年06月08日

洗濯機のありがたみ


洗濯物の「手洗い」の日が続いています。

さすがにシーツやジーンズなんかの大物は、
洗濯機が届いてからまとめて洗う予定にしていますが、
日々のタオルや下着類、Tシャツやパジャマなど薄手のものは
ジャブジャブ洗ってます。

何回もすすぎをしていると、小一時間くらいかかるかな。

洗濯機って便利だなぁ?って、つくづく思いますよ。

だって、グルグル回ってくれている間に、

本だって読めるし、

お茶だって飲めるし、

電話してたって、

時間がたてば、「できましたよ?。」って、お知らせしてくれるんですから。

って、ことでね、ここ数日、時間の使い方が変化してます。

夜はもっぱら洗濯です。
「読書の夜」とはいきません。

読みかけた本、「海馬」が途切れ途切れで進行中で、
今、真ん中くらい。
めちゃくちゃ面白くて、これ読み終わった後は、私、頭よくなってるかも。
早く読みたいけど、今夜も洗濯コース。

洗濯中に読書。

それって、すごい贅沢な時間の使い方だったのね。



posted by akane | Comment(0) | 日記

2009年06月07日

ガタガタの原因


故障の原因が分かりました。

昨日、メーカーのメンテナンスの方が来られて、洗濯機を分解。

洗濯機は、もともとバランスよく回るようにできています。

そして、その調節をするのに、ドラムの外壁上部に
6×10センチの鉄の板をつけてあるのだそうです。

その板を止めるネジが折れて、板がはずれてしまっていました。

何かがすれているようなカシャカシャという音がしていたのは、
これだったのですね。

そのうえ、折れたネジが飛んで当たったせいか、
ドラムを覆うもう一つのプラスチックの外槽が欠けて、底の一部に穴があいていました。

まさかこんな大きなものがはずれてしまっているとは、つゆとも知らず、
一週間も使っていたとは・・・・・・情けない。
洗いのときは、まったく大丈夫だったので、思ってもみない惨状でした。

メーカーの方も、「こんな所が折れてるなんて・・・・・」と、
保障期間は切れていたのですが、洗濯槽まるごと、
無償で取り替えてくださるように手続きしてくださいました。

それにしても、洗濯機って、いろんな工夫がしてあるんですね。

回転を安定させるために、腐らない水を洗濯槽の一部に入れてあったり、
バランスをとるために、金具がつけてあったり・・・・。
これを機会にいろいろと尋ねてみて分かりました。

明日かあさってに代替品を持ってきてくださり、しばらくはそれをお借りして、
今の洗濯機を修理に出します。

それから・・・・・

もう一つ、驚いたのは、内側のドラムを包む外槽の内壁のドロドロ汚れ。
一年半、綺麗に使っていたつもりでしたが、「べちょべちょぬるぬる」でした。

もっとこまめに、洗濯槽の手入れをしないといけませんね。
くっついてからは、直にこすり取らない限り、薬剤を入れても取れないと分かりました。

それもこれもひっくるめ、全部取り替えてくださるとのこと。

良心的なメーカーさんに感謝感激!!


どうもありがとう!




<追伸>

   このブログを読んで下さっている「あなた」へ


気がつけば、半年が経っていました。

以前にも書きましたが、
このブログは、多数の方に来ていただく工夫をしていません。

それでも来てくださった「あなた」。
私の独り言を読んで下さっている「あなた」に、心から感謝いたします。

「あかね●●」に始まり、一時は同時進行で他でも書き(現在閉鎖中)、
そしてこの日記。

毎日書く日が一年半続いています。

この先、いつまで続くのか、全く想像がつきません。

ただ、書くのが「楽しい」だけです。

今は、それだけです。

また、気ままにいらしてください。

こんな「ボヤキブロ」ですけれど。

今日も来て下さってありがとう。


  開設半年記念にて   あかねより  




posted by akane | Comment(0) | 日記

2009年06月06日

手洗いの醍醐味


洗濯機が壊れたおかげで、手洗いしてます。

洗面台にお湯をため、ジャブジャブ洗ってます。

勢いに乗りすぎて、たまに水がおなかにかかるのが難です。
それでも床がベショベショになるよりマシです。

「おなかでせき止める」、これがコツです。


一つ、一つ、汚れを確認して、ポイント洗い。

洗濯物にやさしいですね。

ただ、しぼるのが大変です。

あと一滴というところまで、ギュギュッと力を込めます。

開くと形が歪んでます。

これがまた妙味があって、なかなかステキです。

吊るすと雫が落ちるような印象を受けますが、
意外とカラッと乾くのです。

バリンバリンのタオルは、吸水性抜群です。





あーーん、早く洗濯機直ってぇーーー(;_:)




posted by akane | Comment(0) | 日記