2009年05月26日

イケメン先生「Yさん」


昨日は、Yさんと奥様と雑談。

Yさんは、もと小学校教諭。

現役時代は、スポーツ万能。学校対抗試合があるとなると、
小学生に地獄の猛特訓をやらせる厳しい先生で通していたらしいが、
何故か今でも当時の教え子たちが慕って来る。

これは、まったくのオマケ話だが、親御さんたちからは、
黄色い声援が飛ぶくらい、モテたそうで・・・・。

ま、今でも72歳には見えないことは、認めよう。

とまあ、こんなYさんと話をしていると、たいていは奥様と私が「バカ」役で、
Yさんは、「先生」となる。

昨日も「白洲次郎」氏の話や「小林秀雄」氏の話から始まり、
だんだん哲学になり、最後には禅の話だ。

「あんたらは、バカやな〜」の連発。
人差し指を立てて振り振り、唾を飛ばして、説教が始まる。

これに、ときおり、とんちをきかせて、グイっとトドメの冗談を挟む。
それが楽しくてしょうがない。

話を折られて、怒るかと思えば、「そうか。」と「そうそう。」と、
ふっと折れるところがなんとも素直。

奥様とわたしにいじられて、きゅんと可愛くなる。

そんなYさん、昨日帰りがけにつぶやいた言葉。

「足るを知る」。

今、禅僧の南真哉氏の本を読んでいるから、もろにズンときた。

Yさんがいつお会いしても、変わることなく明るいのは、

「足るを知る」

自分に問いかけているからなのかな。



posted by akane | Comment(0) | 日記