2009年05月20日

感染報告から5日め。


危機管理。

平時は、最悪の場合を想定して備える。
非常時は、情報収集に努め、柔軟な対応をする。

「柔よく剛を制す。」


続々と新型インフルエンザ感染者が発覚。
もう、一人二人と数えるような人数把握も困難な状況です。

軽い症状でインフルエンザと気づかずに過ごした人もいるでしょう。
実際は、100人レベルをとうに越し、周囲に蔓延していると想像できます。

今回のインフルエンザは弱毒性で、何よりも症状が軽くすむことが幸い。

休校、休館、イベント中止、マスク売り切れなど、生活に支障をきたしたものの、
比較的落ち着いて動いていると思います。
週末からは、季節性インフルエンザと同様の対処のしかたに変わるでしょう。

今回、感染者の追跡調査を行ったことで、インフルエンザの広がり方が
目に見えて分かりました。
中学生までの子どもたちよりも、高校生のほうがかかりやすく、
広まりやすかったという大きな新しい見解が得られたのです。

さっそく厚生省は、通常の季節性インフルエンザ発症報告を
高校、大学までに範囲を広げました。
今までの季節性インフルエンザの発症報告連絡の対象は、
保育所や小学校、中学校まででした。

一人の感染者から、これだけのスピードで広がるということも分かりました。
このことに関しても、何か新しいインフルエンザ対策が始まるかもしれません。

過剰反応と言われる面もあります。
子どもを預ける場所がない、老人施設も通所できない・・・・など、
確かに生活も不便です。

ただ、現場真っ盛りの中にこの身を置く者としては、
危機管理マニュアルを徹底したおかげで、発見したこともあったし、
状況を見渡せる時間の余裕も得られたのではないかと思うのです。


posted by akane | Comment(0) | 日記