2009年05月26日

イケメン先生「Yさん」


昨日は、Yさんと奥様と雑談。

Yさんは、もと小学校教諭。

現役時代は、スポーツ万能。学校対抗試合があるとなると、
小学生に地獄の猛特訓をやらせる厳しい先生で通していたらしいが、
何故か今でも当時の教え子たちが慕って来る。

これは、まったくのオマケ話だが、親御さんたちからは、
黄色い声援が飛ぶくらい、モテたそうで・・・・。

ま、今でも72歳には見えないことは、認めよう。

とまあ、こんなYさんと話をしていると、たいていは奥様と私が「バカ」役で、
Yさんは、「先生」となる。

昨日も「白洲次郎」氏の話や「小林秀雄」氏の話から始まり、
だんだん哲学になり、最後には禅の話だ。

「あんたらは、バカやな〜」の連発。
人差し指を立てて振り振り、唾を飛ばして、説教が始まる。

これに、ときおり、とんちをきかせて、グイっとトドメの冗談を挟む。
それが楽しくてしょうがない。

話を折られて、怒るかと思えば、「そうか。」と「そうそう。」と、
ふっと折れるところがなんとも素直。

奥様とわたしにいじられて、きゅんと可愛くなる。

そんなYさん、昨日帰りがけにつぶやいた言葉。

「足るを知る」。

今、禅僧の南真哉氏の本を読んでいるから、もろにズンときた。

Yさんがいつお会いしても、変わることなく明るいのは、

「足るを知る」

自分に問いかけているからなのかな。



posted by akane | Comment(0) | 日記

2009年05月25日

「息がつける」思い


さ、月曜だ!

今週も体も心も引き締めて、スタートしよう!

今朝は、窓を開けてのブログアップです。

昨日、窓まわりの掃除を終え、花粉の脅威を感じることなく、
朝の空気をいっぱい吸っています。

冷や冷や、気持ちいい?。

冬の間に溜め込んだ書類やホコリも一掃しました。
ベランダも壁や床の拭き掃除。
雑巾が真っ黒!

身が軽くなったところで、スタート、GOーーーー!!!!です。

掃除の途中、石川の姉から、段ボール箱で野菜が送られてきました。

ぶっといフキ、プリプリのさやえんどう、
ほうれん草なんかスーパーの袋にたんまり。

嬉しいやら困るやら・・・・・

いや、嬉しいって。ありがと、おねいさま。

たっぷりの水でジャブジャブ洗う。
緑が目に飛び込む。
葉っぱや茎が、シャッキーン!!

ふと思い出しましたよ。

私は15歳の時から、親元を離れ下宿生活をしていました。

お世話になっているお礼にと、ウチの田舎の両親は、
下宿先のおばさんに家賃と共に、畑で作っている野菜を送っていました。

送ってくるたび、おばさんはいつも言ってました。

「あかねちゃんちの野菜を食べると息がつける。」と。

なんか嬉しかったですね。

ウチの野菜で、ほっとして元気になれる。
大地の恵み、エネルギーを感じてもらえる。

今、私が「息がつける」。

おばさんが言っていたその感覚が実感として体に感じます。

ありがたいです。

「姉貴、ホンマにありがと。」

赤いところに栄養が詰まっているんだって。



posted by akane | Comment(0) | 日記

2009年05月24日

今回のインフルエンザ考、〆


先週はインフルエンザで明け、インフルエンザに終わった。

そんな感じです。

真っ只中にいる私からすると、周囲は案外、静かに過ごしていて、
実際に患者の出ていない地域の方々のほうが、インタビューやサイトで
やれ「騒ぎ過ぎ」だの「日本はおかしい」だの「マスクがどうの」だの、
おまけにインターネットであれやこれやと誹謗中傷と、
そういったことを目にするたび、心が痛みました。

今回のインフルエンザは、日本としては軽い症状で終わりそうで、
良かったんですよ。

軽い症状だからこそ、パニックにならずに(本当に現場は静かです。)
これだけ対処の方法もいろいろ検討できたのですよ。

学校や保育園、老人施設、あらゆる公共施設イベントの閉鎖措置、
マスクや消毒の励行、外出の控え・・・・・

事前に立てていた強力といわれるH5N1型鳥インフルエンザのマニュアルを
実行したことで、今回、様々な問題点が浮き彫りになりました。

配慮が足りないこともあったし、逆にここまではやらなくてもいいとか、
二次的にこんなことが起こるのだという予想していなかった事態も
発見することができた。

ゆっくり経過を見ていくことができたから、そして、マニュアルのとおりに
神戸やその周辺のみんなが動いてくれたから、状況を把握しながら
対応できたのです。

今回の出来事は、たくさんの課題を見つけ出してくれました。
今後に残せる新しいマニュアルづくりの貴重な資料になったと思います。

TVで放送するのもいいですが、それだけを見て、「おかしい」とか
「やりすぎ」だとか「お前の責任だ!」とか、そんなこと言ってたって、
なんの発展にもつながりません。

現場に来てみるといい。

それで感じとって考えてみたらいい。

明日から、学校が始まります。
子どもたちは、朝、体温を測り体調チェックをして表に記入。
それを持って登校するそうです。

元気で、インフルエンザを跳ね除けろ!



さて、連日、遅い日記です。
今日のじゃないですよ。
あくまでも、昨日の日記です。

(これだけ書いて未だ書くかっ!(^^ゞ

花粉症の症状が出なくなりつつあり、そろそろ洗濯物も外で干せそう。。。。(^^)

それでね、窓の掃除をしました。

窓が開けられるようになったわん。うれし!

今日は・・・・おっと、これは、明日のネタだ。

ほいじゃ、また、明日。


posted by akane | Comment(0) | 日記

2009年05月23日

Iさんが立った!


あー、すっかりアップが遅くなっちゃった。

昨日の日記、今から書くのもナンだなあ?。

「ひと言メモ」としておきましょう。

Iさん。

90歳以上お年をとられていて、かつ、昨年の夏頃までは寝たきり。
徐々に力をつけ、ベッドの端に座れるようになり、今ではちょっぴりだけど、
テーブルに手をおいて腕をつっばり、立てるようになったんですよ!

すごい!すごい!

何よりも、自分の動かせる範囲で、少しずつ少しずつ、
毎日、運動を続けられたのが良かったのだと思います。

あきらめない心、バンザイ!!

そのガンバリに、拍手!!


posted by akane | Comment(0) | 日記

2009年05月22日

マスク効果


朝、TVをつける。

飛び込んでくるのは、インフルエンザの話題。

この一週間は、ずっとそう。

「発症しました」の話題から、「看病する際の留意点」の話題に変化した。

恐怖は安心に変わりつつある。

手に負える敵でよかった。

あちこちのTV局でマスクの話題を聞く。

全国的にマスクがないのだ。

にもかかわらず、わが職場にも「仕事中はマスク装着」が義務付け。
かといって、マスクが支給されるわけでもなし。
皆、どこからどうしているのか、必ず調達してくるのだからスゴイ!

わたしの場合は、花粉症持ちなので、一年中常備。
今回も無くて困るということはないが、
ウイルスに対応したものではないので、効果は「?」である。

確かに「?」なのだ。

それでも、皆、着ける。
「人にうつさない」という「気遣い」の表れととらえようということ。

マスクの効果や装着について、傍から、様々な感想が聞かれる。
笑い話になっていたり、挨拶のネタになっていたり。

このウイルス真っ只中に身を置いている者としては、
ほっといてくれ!だ!

この話題をジョークにできるのは、体験している者たちがふさわしい。

マスクはしているが、報道されているようなパニックはない。
 
「国は何をしているんだ!マスクを支給しろ!!」
なんてデモもしてないし、「休み中の給料保障をしろ!」
と、詰め掛けているわけでもない。

震災のときもそうだった。
神戸の人たちは、自分たちのできることをしているだけだ。

今回の措置で、そしてそれに静かに従ったことで、
どれだけの新しい情報、たくさんの知識が得られたか。

ニュースはマスクをしている場面ばかりを放送するが、
必要の無い場所では、はずしている人もいるわけで、
使い分けができている人もいる。


笑いたいやつは、笑え!
大切なことは、他にある。


posted by akane | Comment(0) | 日記