2009年04月24日

喜ぶ方法。楽しむ方法。


この頃、落語を聞いてるんです。

というか、「見てる」といったほうがいいかな。

座って話されているんだから、そんなに大きな動作の変化はつけてないはずなのに、
男の人、女の人、お侍さん、芸鼓さん、番頭さん・・・・
頭の中での認識はそれぞれのキャラクターそのものを見ているような感じ。

人間って、同じ人でも、ほんのちょっとの仕草を変えるだけで、
まるで別人になれるんですね。

この人はこんな感じの人って、自分の経験や常識だけで、
頭の中に都合のいいように作っている先入観。
その支配力にも驚いてます。

と、と、と・・・・・今日はこのことを書く予定ではないのだった。。。

今朝、TVに歌丸さんが出演されていて、落語の醍醐味を見ていたら、
そのことで頭がいっぱいに。

で、「昨日の日記書くの、忘れてました。」と書く予定が・・・・


それさえも途中で忘れた。。。。。仕切りなおし。


さて、昨日は、Kさんとお会いしました。

Kさんは、ご病気で体が自由に動きません。寝返りも一人では打てません。
なのにいつもニコニコ、穏やか。癒し系です。

今回、食事の飲み込みが困難になってきており、
いろんな方面のスタッフが良かれと思って、ある案を提供するのですが、
「絶対イヤ!」と言って断固、拒否なさいます。

私もそのスタッフらの案が通常の方法と思っています。
けれども、お客様であるKさんが嫌とおっしゃるなら
別の方法を考えなくてはなりません。

でも、それでいいと思うんですよ。

他の人と同じにしなくてはならないということはないと思います。

ほかにどんな方法があるのか?
皆で考える。
私たちに考えさせる。

Kさんは、最高のお客様だと私は思います。

昨日は一つ、行動に移してみました。

Kさんとご主人の笑顔が見られたら、一歩前進です。

結果は・・・・(^^)v


喜んでいただける方法が、一番ですね。



posted by akane | 日記