2009年04月15日

親だからこそ離れる。


昨日は、生まれて4ヶ月になる双子のお母さんと会いました。

男の子と女の子の二卵性双生児です。

男の子のほうは、おばあちゃんに抱っこされて、
ぽわわ〜〜〜んと穏やかです。
まるまる太ってます。

それとは対照的に女の子のほうは、お母さんに抱かれているというのに、
ギャーギャー泣き喚いてます。
細い体、全身を震わせて必死で訴えてます。

お母さんは、立ったまま体を大きく揺らし、赤ちゃんを縦に横にしきりに振り、
じっとする間がありません。

他のかたとお話をしながらでもあり、あまりにもあわただしかったので、
「抱っこしましょうか?」と尋ねてみました。


「この子、わたしじゃないとダメなんです。」

「他の人だとダメなんです。」


「眠いんです、この子。」

(・・・・・おなかがすいているようですよ。)

「つまりやすいほうのおっぱいのほうが、この子との相性がいいんです。」

(・・・・・吸う力の強い子のほうに飲んでもらったほうがいいと思いますよ。)


はたから見ると、どう見ても、泣いている赤ちゃんを振り回している人としか
見えません。

これっ!と、信念を持ってやっているお母さんには、カッコ( )の言葉は言えません。
言ったとしても、お母さんは、自分を否定されているようにしか感じないでしょう。
何故って、大変、大変と言いながらも、なんだかとっても嬉しそうですから。

親って案外、こういうものかも知れません。

だからこそ、近所の大人と接する機会が多かった昔は、
子どもにとってもノビノビできた時代だったのでしょうね。

いろんな方向から見てもらって、そのまんまの自分を認めてもらえる。
受け入れてもらえる。

小さい時にそういう体験をするのは、大きくなっても自分自身を信じる力になりますね。


がんばれ!○○ちゃん!たくましく生きてよっ!



posted by akane | 日記

2009年04月14日

モヤモヤの原因


うーーーん・・・・・・

こんなモヤモヤする日は、あなただったらどうする?

え!?初めっから、気にしないの?

今日のわたしは、昨晩から、ずっと頭の中、ぐるぐる回ってる。

昨日の夕方は、仕事仲間が問題をかかえていて、
それを聞いたわたしは、どう動けばいいかを考えてた。
普通なら、「よし!これでやってみるか!」で、準備に取り掛かる。

だけど、今回は・・・・
(というか、いつものことなのだが、その人と会話すると妙に後味が悪い。)

寝る前になって、「なんでこんなにモヤモヤするんだろう、
わたしはいったい何が気になるんだろう・・・・・?」

となって、

今朝は、「あの人の真意は一体、なんなのだろう?」

になった。

実際、わたしは、ぼ?っとしているというか、
気が利かないというか、
気遣いが独りよがりというか、
そういう点がありまして。
だからこそ、物事を見るときには、
気をつけなくっちゃと思い心がけている時期でして。
ま、そうやって、人生選んできて今日にいたっているわけですが。

ある課題があって、それに向かって、共に互いの専門性や特技を
駆使し合って前に進んでいる時は、楽しく仕事もできるし、
何よりいい成果が得られて、クライアントにも喜んでいただける。

でも、課題に対して向かっているようでも、その課題自体が
クライアントの望むものとは違う方向に向いているときは、
どんなにいい方法を提供しても、喜び、満足はしていただけない。

今回の件に関しては、わたしがクライアントから受け止めた課題(要望)の理解と、
仲間が受け止めた「それ」とは、相違があるということ。

わたしがモヤモヤしたのは、仲間がクライアントのことを語っているようで、
実はわたしに疑問を持っていると感じたからだ。

今朝、人と人との「周波数」という話をTVでやっていた。
合う人ととは、一言喋るだけでも合うというのはありうることで、
合わない人もいるし、常日頃合う人でも合わない時もあるとのこと。

解決方法は、コミュニケーション。
クライエントの要望をより客観的に受け止め、
個人的な先入観なしで話を聞き、話すことが必要だろう。

次のわたしにできることは、クライアントの話を聞くこと、
クライアントの今までの経過を仲間に丁寧に伝えることにつきる。



posted by akane | 日記

2009年04月13日

遊びたいから・・・・・。


昨日は、まえまえから気になっていた雑用を終わらしちゃおうと、
頭も体もフル回転、動き回りましたよーぉ。

だけど、残念。
袴と弓道場の幕とズボンのミシンかけが残ってしまいました。
下準備まではできたんですけどね。
本日、時間を取って、一時間以内に終わらせる予定でいます。

しっかし、気になっていたことがなくなると楽ですね。

頭の中のメモ容量をすっからかんに開けることができるから、
何にも気にしなくて、ほかのことにとりかかれます。

おっくうなことはつい後回しにしたくなるのですが、
この習慣は止めた方がいいに違いないですね。

以前、お世話になった先生は、よく遊んでおられました。

いや、遊ぶっていっても、講義の合間に「テニス」をすることなんですが。

部屋で姿が見えないときは、学内のテニスコートに行けば、
間違いなくそこにおられました。

講義や執筆、出張、講演と大変お忙しい先生だったのですが、
ぜんぶこなしての「テニス」ですから、ただもんじゃなかったです。

で、ある日、純朴な学生だった(?)私は、尋ねました。

「先生、どうしてそんなに仕事をこなすのが速いんですか?」

と、先生は、

「テニスがしたいから。」

・・・・・・


現実は意外にシンプルだった!


ま、先生と私の次元は違いますが、
なんか思い出してしまったので書きました。


先生、冗談だったのかなあ・・・・・・。




posted by akane | 日記

2009年04月12日

暑い土曜日


えー、すっかり遅くなった日記です。

「昨日」の飛ばして、「今日」の書きたいくらい・・・・(笑)

さて、昨日は、体を休めるべく、読書三昧。

といっても、「ホームページビルダー」のマニュアル本と、
仕事の専門書をざっと・・・・。

時々、居眠り・・・・・



ホントはほとんど・・・・居眠り (^^ゞ



外は、夏日。

半袖で過ごせたくらい。

なのに、今年は未だ桜が咲いてます。

いつも通る桜のトンネルは、半分くらい散って、緑の葉っぱが半分。

2月頃、あったかい日が続いていたから、今年は暖冬、
きっと、桜の開花も早いだろうな・・・・なんて予想を立てていたのに、
意外に開花は遅く、花の期間が長いという違った展開でした。


ちょっと、いつもと違う春なんです。

もう、夏みたい。

もっとゆっくりしてほしいな。

まだまだ、春にしたいことが、いっぱいあるんだから。



posted by akane | 日記

2009年04月11日

危うし!myプール


昨日、いつものプールへ行った。

通常と変わらぬいつものレッスン時間。

泳ぐ前のストレッチ、コーチの指導の下、行う。

だが・・・・

何かが違う。

おかしい。

静かすぎる。

・・・・・

隣のレッスン、子どもの声が聞こえてこない!

いつもは、「いやだー!!!」とギャーギャー泣きわめく子・・・
やたらテンション高く、叫ぶように「はーい!」と返事する子・・・
じっとしてなくて、叱られてばっかりの子・・・・

一人もいない!?

嫌な予感。

4月から、100Mほど南に、有名スポーツクラブがオープン。

きっと、そこにみんなが移動した?

私がいつも通うスイミングクラブは老舗のクラブで、
かつては、沢山のジュニア選手を送り出していた。

・・・今は、全国大会出場は一人だけど・・・・

コーチも、今でも現役でマスターズで金メダルを取ってこられる方もいるわけで・・・
指導も丁寧。カリキュラムも、実力がつきやすいように組んであるのだが・・・

ただ、建物が古くて。壁やプールなどの内装は塗りなおしてあるけど、
シャワーの台数は少ないし、故障もしやすい。
エアコンディションも悪くて、プールまでの通り道がメチャ寒い。

そんなだけど、私たち、おとなは、
「そんな新しいのできても、きめ細かい指導をしてくれるここがいいよね。」
なーんて言っていて、互いに変わる気持ちなんてさらさらなかったけど・・・・・・

それだけだと、ダメなのかぁ?

やっぱり新しい施設、設備、大手有名クラブの肩書き、
快適な空間、様々なオプション・・・・・

お母さん方は、そちらを選んだのかな?
まさか、イケメンインストラクターを沢山そろえているとか・・・ンなことないか。

でも、以前、スポーツクラブの内情を聞いたときには・・・・いや、違う違う。

うん、確かに特典は多いかしら。
子どもが泳いでいる間、自分たちも、他のレッスンが受けられるものね。

さて、はて、どう動くのでしょう。当プール。

どうか存続できるよう願いますよ。


posted by akane | 日記