2009年03月09日

金沢一夜 2


おはようございます!

さて、さっそくアップします。昨日の続きですよん。

犀川をはさんで西の方は、寺町街。
お寺がぎっしり立ち並んでいます。

今回、宿泊したのは、妙立寺(俗に忍者寺ともいう。)の近くのホテル。
の?んびり一晩過ごし、朝もゆっくりしようとしたけれど、
おかしなもので、いつもと同じ時間に目が覚めてしまうんですね。

列車まで数時間あったので、またまたぶらぶら歩き。

どうせなら、歩いたことのない路地を歩こうと、
脇道にそれては、ぶらぶら・・・・・。

落雁(長正殿)で有名な諸江屋さんの玄関。
諸江屋

水が流れる町並み。
町並み

坂が多くて・・・・この看板、一目で理解できる?
町並み

道路脇にあった「神明宮」。厄払いの神社。
幼少の中原中也もお参りに来たとか。
室生犀星もこの境内でよく遊んだそうです。

あ!本殿の写真を撮るのを忘れた。

一羽の大きなワシ(?)が、住みついているみたい?
神社から離れません。守り神かな?
ワシ?

大きなけやき。覆いかぶさるような。圧倒されます。
大木。

少し歩くと、犀川を渡ります。
犀川
遠くの山に雪がうっすら積もっていました。気持ちいい?。

橋を渡れば、片町。
おお!金沢にも「和民」が!
渡邊美樹社長、がんばってますね!
和民

さて、香林坊です。
香林坊交差点

ここから兼六園行きの坂を上っていくと、旧制第四高の建物があります。
赤いレンガの建物が、木々の中で優雅に映えます。
第四高

ここで、井上靖氏も勉強されたんですね。
西田幾多郎先生の授業は厳しかったけれど、
人柄はとっても優しい方だったそうです。
廊下
モダンで洗練された廊下。

メイン道路をはさんで、反対方向に行くと、
昨日、お約束した長町界隈です。

時代劇に出てくるような町並みが見れます。
あたりまえだけど、金沢は城下町なんだなあ・・・とつくづく思いました。
武家屋敷

さて、このあと、バスに乗って金沢駅へ。

土日は、100円バスなんてのもあったり、
金沢観光ループバスなんてのも走っていたり、
観光地としてサービス満点になった金沢です。
(十年くらい前までは、田舎風だった。)

駅もこんなにおしゃれになって。
金沢駅外観1

駅周辺もにぎやか。
片町、香林坊から駅周辺に繁華街は移動しつつあるとか。
金沢駅外観2

はい、これで、今回の旅レポート終わり。

少しマニアックな観光地を紹介しました(笑)

他にも兼六園、九谷焼や加賀友禅のお店などいろいろ楽しめますよ。

伝統文化に触れたい方、のんびりしたい方はぜひ行ってみてね!



posted by akane | 日記