2009年02月12日

観てください。「おくりびと」


「おくりびと」を観た。

ずいぶん前に映画の予告編を観ていたので、
ストーリーは大体の予想はついていた。

簡単に言えば、納棺師になって、人の生と死に対面して、
昔を想起し、かつ、未来の歩み方を見つける・・・・
そんなストーリー。

ただ・・・・

背景の美しさ、
セットのセンスのよさ、
詰めた人物像・・・
体に感じる音・・・
心にピンと来る「ひとこと」・・・

セリフがいい。

話すタイミングやその場で選んだ言葉、
人間の悲しさや嬉しさが、たったひとことで凝縮されることってあるのだ。

もし、あの映画のセリフを聴いて、何も感じなかったら、
生きることをもう一回始めからやりなおしたほうがいい。


人と触れ合う仕事をしている人、
人間関係が上手くいってないと感じている人には
ぜひとも観てただきたい。

「生きる」とは「死ぬ」とは、描き方はいろいろあるが、
単純でどろくさいもの。
でも、それでいい。

五感が震える映画だ。



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記