2009年01月20日

眠る前のひととき


寝る前のこと。
おとといから、やってること。
昨日もこれで、熟睡。

身体や精神をゆったりモードにするのに、
字数の少ない、
余白の多い、
1ページもしくは2ページで一話が完結する本を読むことにしている。

それも半年以上前に一度読んだ本。

本の中身の趣向、展開、大体の内容は覚えているから、
余計な気を回すこともなく、文の意味を味わいながら読める。
サラッと。

驚いたことに、一文一文に感じることが、半年前のそれとはまるで感覚が違う。

自分に変化が起きたのか?
それとも2回目という余裕からくるものなのか?

文章の受け取り方は、その時の感情や知識量、興味の具合・・・・で
ずいぶんと変わるものだろう。

いずれにせよ、楽しい。リラックスできる。

そして、心がなでられる。

おかげで、幸せに囲まれ、眠りに着ける。



posted by akane | 日記