2008年12月11日

自分で選ぶ。


すでにお昼12時半過ぎだというのに、昨日の日記だ!ははは・・・・。

昨日は、弓道場にこもりっきり。

先日に比べて、ずいぶんあったかいのでとても助かった。

午前は、中級の練習。午後から初心者。

みんな、弓を引くことの何に魅かれて続けているのかな?
どんなことを目的に引いてんのかな?

・・・・・そんなことをふと思ってみたりする。

私はといえば、単純に「気持ちいい」からだ。

それだけだな・・・・。


ソニーが16000人の派遣社員の解雇を決めた。
トヨタ、マツダ、・・・・・しかり。

それぞれの生活はどうなるんだろう・・・なんてこと考えたら、気持ちが沈む。

そのうえ、麻生内閣の支持率も内部、外部ともに下がってきつつある昨今。

日本、しっかりしろ!


農業も工業も、生き方までアメリカに左右されているような生活。

人にふりまわされる生活は、まっぴらだ。

暗いニュースを消せ!



がんばれ!アジア!!やることはいっぱいある。
posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年12月10日

4か月乳児を見ていて思うこと。


えっと、昨日は、健診の仕事。

4ヶ月児。

泣いていても、笑っていてもかわいい。

ふにゅふにゅしている。

移動はもっぱら抱っこだ。
自分じゃできない。

だけど・・・・・

意思表示は、すごいよー。

長年、この仕事に携わっていると、泣き方を見れば、
「ああ、この子はいつも欲求が的確に満たされているなあ・・・。」とか、
「ああ、この子は、いつも必死じゃなきゃ、欲求を満たしてくれる人が
来てくれないんだ。」とか、そんなことが一目瞭然で分かるようになった。

一生懸命生きている。

親に負けるな!

がんばれ!赤ちゃんパワーーーーー!!!!!


posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年12月09日

思いっきり話したい。


おとといに比較して、ずいぶんあったかい朝だ。

雨が降る模様。

さて、昨日は・・・・・小林秀雄さんのCDを聴いた。

昭和45年代あたりの講演を収録したもの。

まず、第一巻。

気持ちいいなあ・・・・アレだけズバッと切ってくれると。

なにせ、興味のないものは無い。(と、いいながら、質問には答えてくれる。)

おかしいことは、おかしい。

自信を持って主張できるのは、やっぱり多方面から勉強してよく考えているからだと思う。

もちろん、ハッタリなんかじゃない。

これは、こうだから、こういう捕らえ方をするのだと説明つきだ。

今の時代は、相手の話すことに、いったいどんな意味があるのか、
探りながら聞いていることが多くないか?

相手に嫌われないようにと、考えすぎる感があるのかもしれない。

いやそれは、大事なことなんだが、「自分中心の考え」、
「自分の価値基準にこだわった考え」に基づいたものであるから、たちが悪い。

自分の意見を言うのに、互いの間に信頼関係が築き上げれていれば、
好き放題言えそうなものだが、それは、一転して関係を壊すことも多い。
一番身近な家族間でも大いにありうること。

思いっきり自分の考えをぶちまけて、相手も思いっきり主張してきて、
それでも、あとくされのない関係でいられる・・・・・そんな人物と出会いたいなあと思う。


posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年12月08日

見つめなおす。


昨日の朝刊。

一発で目に入ったのは、「吉川友梨」ちゃんの文字。

見つかったんか!って思ったら・・・・父親から7000万詐取したヤツがいるという。

とんでもないな!どんな生き方してんだろう。

奈良の幸満ちゃんの事件も犯人が浮かび上がった。

知的障害の面でひっかかり、たぶん、また、スッキリしない結論に至りそうだ。

だが、なんでこんな事件が起きるのか、なにが世の中で足りないのか、
世の哲学者、文学者、科学者・・・の皆さん、深く掘り下げてみてくれないか!

もっと考えさせてくれ。

この狭い視野でしか物事を考えられない頭ン中に、
こんな考えもある、あんな考えもある、
こんな観点、あんな観点、
いろんな考え方を導いてほしい。

けれども、至るところは「自分」だ。

自分を知ることだ。

自分で自分が恥ずかしいと思えること。

こうならなければならないというような、くだらない常識に
がんじがらめになるくらいなら、ちゃんと自分を見つめなおす方がいい。

できないなら、できないでもいい。

けれど、できないなりの工夫は必要だろう。

誰かの力を借りてでも。


誰もが生きていきたいのだから。



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年12月07日

スポーツの裏。


昨日は、シスメックス主催のスポーツサイエンスセミナーに参加。

今回のテーマ、「スポーツと栄養を科学する」。

実際は、栄養というより、コンディショニングを整える話の方が多かったな。

三重大学の教育学部准教授 杉田正明先生
WATSONIA代表 管理栄養士 川端理香先生
東京スイミングセンターコーチ 平井伯昌(のりまさ)先生
大阪ガス陸上部朝原宣治(のぶはる)先生
討論の部コーディネーター、月刊スポーツメディスン編集人 清家輝文氏


オリンピックにからんだ講師陣!

内容は http://www.sysmex.co.jp/astrim/seminars/index.html

いろいろ聴いていると、トップの方々は、目標がはっきりしているし、
意志も強いし、周囲への観察力も気配りも鋭い。

目標がはっきりしているから、途中のごちゃごちゃした出来事なんか気にしない。
夢を見て、それに向かう自分が楽しくてしょうがないといった感じ。

それは、実際、自分が選手だったり、支えるスタッフだったり、立場は違うけれど、
向かう先はおんなじで、一緒に夢を見る。

すごいパワーになる。

いいなあ・・・・・その感じ。


さて、今回の話からいろいろ得られたことはあるが、自分の目標に近づく要因として、
まずは、身体づくり。

栄養学と筋肉の疲労回復について、改めて勉強しなおす。

日頃の姿勢から筋肉の使い方を洗い直し、弓引きの身体にしていく。

アドバイスは仕事にも生かせると思う。

やれるゾ!よっしゃー!!


posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記