2008年12月21日

決別の日


12月20日(土曜日)京セラドーム大阪において。

小田和正氏コンサート。

「きっと またいつか」♪今日もどこかでFINAL♪

今年のコンサート全て終了。

客席が天井近くまである大きなドーム。

それでも、やっぱりいい音だった。

小田さんのコンサートは、どこに座っても音がいい。

「言葉にできない」は、歌を追っかけるように反響し、
奥行き感が出て、最高だった。

聴けてよかった。

実は昨日、ドーム直前で、チケットが無いのに気がついた。

カバンの中身をそこらじゅうに散らばして調べたが、無い!

(パソコンの横だ!!)

出発直前に、今日座る席の位置を調べていたのだ。

開演まで、あと10分。



どうする!?



タクシーをぶっとばした。
(結構年配のおじさんだったのに、がんばってくださった。)

途中、4回ほど、止まって発車のたびに

「ポン!」

と、車底から響く音がした。

爆発、解体、パンクして迷走・・・・頭をかすめた。

サイドの取っ手を両手で握りしめた。

往復1時間20分。料金一万円也。

「よくぞ、(車)もちましたね。」

おじさんと共に、ホッと胸を撫で下ろした。

なかなかエキサイティングな体験だった。

走って会場内へ。

すでに1時間20分が経過していた。

その後の2時間半を楽しんだ。



わたしは、仕事や弓道のときは、神経を研いだように
「オン」状態になって、それらが終わったあとは、
頭が緩みきった完全「オフ」状態になる傾向がある。

そうなると、ホンマによく忘れる。

今までこれで、何度、ヒヤリとしたことか。
どれだけ時間を無駄にしたことか。

繰り返したということは、心から直そうと誓ったことがないから・・・だな。

自分で納得して、人に甘えて、結局、「ま、いいか。なんとかなった。」
って、自己防衛していたんだな。




クリスマス近いこの夜の出来事。

わたしは一生忘れない。

こんなことをしていては、そのうちとんでもないことに。
もう、嫌だ。こんな思いをするのは。


何万人もの観衆のド真ん中で一人で歌う小田さんを見ながら、
あやふやな自分に決別しようと心から誓った。

何もかも、中途半端な自分に。

さようなら。だ。


posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年12月20日

今年の始まり。


いい言葉や。

昨日、プールで。

レッスン仲間。(と言っても年上。50代後半?くらいかな。)

「今年も残り僅かですね。」
「いっぱい失敗しちゃったなあ・・・・。」

と、私。

「ナニ言ってんの!今年はこれから、よ!」
「始めと終わりがよければ、それでよし!」


と、仲間。

おー、いいねえ、この考え!

(とはいえ、かなり都合いいような気もするが。)

いやいや、まだ11日。
ガンバローって、気になるじゃない!

夜、職場の忘年会。

居酒屋へ。

「楽園」って、店名だから中華料理やさんと思っていたら、
居酒屋ダイニングレストランだって。

ダイニングレストラン・・・・・ようわかラン。

てんぷら、お刺身、雑炊、ブリ大根(ただし、アラ炊きではない。)・・・・
フツーのメニューだった。

クリスマスが近いということで、恒例のプレゼント交換、
「何歌いながら回す?」となって、

「お正月」!

なんて出たりして、大爆笑!

結局、「赤鼻のトナカイ」で決まり。

大きい包み、小さい包み・・・・みんなの思惑が入り混じり、
途中、止まったり速くなったり・・・・

案外、大物より小物の袋の方がいいものが入っているなんて、
誰もが思うところ。

ところがどっこい。

今回は、大きな袋のものの方が、役立ちグッズ、かわいさ抜群!だったね。

わたしがプレゼントしたのは・・・・・

ナイショ。


posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年12月19日

自分の立場


アホしてしもた。

めちゃくちゃ反省している。


昨日、カイロプラクティック院へ。

次に来られる方がいらっしゃるので、荷物を施術室のかごの中に置いた。

いつもは待合室に置き、施術が終われば、そこで上着を着て帰る。
が、今日は違うことを ふっと忘れた。
(次の人が待っておられる!)
そのことが気になっていた。早くしないと!とにかく!

施術が終わった後に、治療台の上に置いてくださったかごの中の
自分の上着やら他の荷物を無造作に抱えて、待合室に飛び出た。

待っておられた方と目が合ったので、

「お待たせしました!」

と、言った。

「○○さーん!」

と呼ぶ先生の声!

急いで戻った。

「それは、ボクの仕事です。」

!!

すっごい恥ずかしかった。

自分のとった行動が、失礼の範疇を超えたと感じた時、
もうそこにいてはいけないと感じた。

早く消えようとすればするほど、手間取った。



帰ってからも考えた。

「お先でした。」と言う。

それとも、

何も言わずに会釈をする。


そんなことをグルグル思い巡らした。


要はあわてずに、
「自分のすることをして帰ればいいのだ。」

施術を受け、お金を払って帰る。


職業柄・・・・・?間違えちゃいけない。


サービスを満喫すればいい。



それでいいのだ。


posted by akane | 日記

2008年12月18日

お気に入りの本


朝出かけねばならなかったので、帰ってからと思っていたら・・・・

書くの忘れてた・・・・・



すっかり物忘れが多くなって・・・・・。


もう夜だけど、昨日の日記。

ジュンク堂書店へ。

石川直樹さんの本を探しに行く。

検索機を使って、大体の見当はつけていくのだが、
写真集の棚は大きいの小さいの、
薄いの厚いのがごちゃ混ぜになっていて、
タイトルが隠れているのもあったりして、
たいそう見つけにくかった。

しょうがないから、端から端、流し目状態で確認した。

あった!あった!

だけど、見たいのがビニールで包まれていて、

見れない。

一冊見れた。

いい写真だ。生き生きしている。

そしてそして、

驚いたことが!

なんとなんと、この間から注目していた町田康さんの本が、
石川さんの本の隣にあるではないの!?

もう興味深々。

買ってしまった。


さて、紀行エッセイの方は、っと。

場所を変えてまた探す。

こちらは、難なく見つけられた。


なんか力強い本だなあ・・・・・。

つくづく思ったデス。


こりゃまとめ買いになりそうだ。

ああー、欲しいなあ、写真集。

posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年12月17日

恐怖感よりも誠実に。


夜中に雨。

しっとりした朝だ。


さて、昨日の話。

この2年くらいずっと気になっていたこと。

自分ひとりで引っかかっていたことなのかもしれないけど、
どうしても、どうしても、頭に浮かぶと心がしぼんで。
申し訳なくて。

今のままでもずっと互いの関係は続くのだろう。
言わなくてもいい場合もあるんだろう。世の中には。

でも、その人と対等な心でつきあいたい。

そう思うと、口に出さずにいられなかった。



・・・・・謝った。



「なんで謝るの!?逆にこっちが感謝してたんよ。」

驚いて笑っておられたけど・・・・・・。

本当にごめんなさい・・・・・。



謝れてよかった。



自分が傷つくのが怖いから、
逃げていたことがある。

見ないようにしていたことがある。

でも、少しずつ少しずつしかできないのだろうけど、
自分自身をさらけ出していこうと思う。


そもそも怖いものなんて、何もないのだから。


※昨日の茂木さんの日記に、中原氏と小林氏が出てきた。
 もう、びっくり!またまたリンクした。


posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記