2008年12月26日

一流の「弓引き」になるために。


首、軽快。

ゆっくり過ごして、優しくストレッチして様子をみていれば、
3日もすると楽になる。

昨日、10本ほど弓を引いた。

首がしっかり回らなくて狙いが浅くなるから、矢がどこに飛ぶか
ちょっと不安だったが、1本引いて感じが掴めたので、そのまま続けた。

おととい、帰りがけの私の歩き方を見て、S先生が
「弓引きの歩き方じゃない。」と、おっしゃったとか。
M先生が、こっそり教えてくださった。

「指導者になったら、日頃の姿勢も歩き方も気をつけなさい。」
とM先生。

実は、S先生とは、あまり面識がない。練習時間も、場所もまるで違う。
挨拶はしたことがあるが、大勢の中の1人だったから、 今までの私に対する
印象は残っておられないんだと思う。

だから、今回の言葉がS先生の「私への第一印象」ってことか。

謙虚に受け止めよう・・・・・。

他の件についても、別の先生から指摘が。

だんだん、自由気ままに弓が引けなくなってきた。

でも、高段になるにつれ・・・・というか、真髄を探求していくと、
人間としても高めていくことになってくるんだろう。
いや、「役」が「自分を作る」ということかな。
それが射芸に生かされて、自然と、見る人に感動していただける
弓が引けるようになればいい。

とにかく、今は、いろんな忠告を受け止めよう。

そして考えよう。

私の目指すものは何かは見失うことなく。


ところで、首の痛みについて書いてたら、
いつもお世話になっているJ先生のブログで
首について書かれていた。

この間は「論語」を読んでいたら、「論語」について書かれていた。

このブログの存在はご存知ないはずだから、驚いた。
たまたまだろうし、なんでも結びつけて考えれば結びつく(いい誤解)んだろうけど、
世の中って、不思議だなあとつくづく思う。

あ!そうだ!
「ケイコとマナブ」に先生に関する記事が掲載された。
http://www.shikakutoshigoto.net/khn-sen-joho__PC0001521754



すんばらしい!!

いい写真!


posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年12月25日

道場の大掃除終了!


昨晩、飯島愛さんが亡くなったと聞いた。

お元気で活動しておられると思っていた。

ブログを読んだ。

笑っていても、どこか はかなげな表情の彼女を思い出した。

12月24日。クリスマス・イヴ。彼女は天使になった。

昨日は、道場の大掃除。

的を備える「あづち」の補充作業も同時進行で、終わったあとは、
すっきりひきしまった雰囲気が漂った。

皆でおにぎりとお菓子とお茶で、茶話会。
新人さんたち(といっても30代だけど)の食べること食べること。

山盛りのお菓子は、あっという間に無くなってしまった。

来年もこの元気でやってくらさい。

さて、私はと言えば、首が回らず、肩甲骨周囲が傷み、
弓は引かずじまい。

まあ、こんなときもあるわさ。

弓を引きたくても、我慢しているとき、
M先生におっしゃっていただいた言葉が嬉しかった。

「この3人(私の仲間2人含め)には、これからまだまだ勉強していってもらわないとね。」

夏から体調を崩されて、休みがちだったM先生。
来年から、水曜日復帰して下さる。

高めてくださる先生は、そばで見ていてくださるだけでも、心構えが変わる。
行動も変わる。

はりきっちゃうぞ?!




と、と、と・・・・・その前に首、治さなきゃね・・・・。


posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年12月24日

強くなれ!



「252-生存者あり-」を観にいった。

男はね、ああじゃなくっちゃ!

強い身体を持ち、負けない闘争心、

いや、人間みんな強くなれ!だな。

さて、今日は道場の大掃除。

ピッカピカに清めてまいります。
posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年12月23日

自分を映す鏡


さてっと。

昨日は、Yさんとパートナーさんと、
小林秀雄氏、中原中也氏の話で盛り上がった。

ついには、「神」(「仏」としてもいい。)を信じるか?という話にまで至り、
わたしは、わたしも宇宙の万物、身の回りのものと同じ
と答えるしかなかった。

だいたい、「神」というものの存在自体について、考えたことがない。

都合のいいときだけ、「神さまーぁ、仏さまーぁ」と唱えるんだ。ははは。

自分の甘えたい場所なんかな?

でも、教会やお寺、仏像を見ると、ずっとずっと心がさかのぼり、
幼い頃感じていた敬虔な気持ちに浸ることができる。
その時のわたしは、誰にも邪魔されない。
だって、そこには透明なわたししかいないから。

おばあちゃんが、わたしに引き継がせたゆるぎない精神の伝統だ。

まぁ、こんな感じで、しばらくは小林秀雄氏に陶酔しそう。


昨日、納得した言葉。まとめればこう。

「相手の行動から、自分が分かる。」

周りの人のことは、まるで違う個性の塊、
アラも見えれば、いいとこも。
人の心の動きは、明確に見えているようなのに、
自分のことは、分かっちゃいない。

それを分かるのは、人に接して、自分はどう感じるか。
その人がどんな行動を取るか。
周りの人を見て、自分自身を知る。

自分を映してくれているってこと。

あ!気がつけば、はや11時過ぎ。

本日はこのくらいで。


※考えすぎたか・・・? 左半身が凝り固まって痛みに苦しむ。


posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年12月22日

伝える。


昨日は、クリスマスの日にやろうとしていた「あかね●●」の
最終アップを午前中に終わらせた。

一ヶ月の間、時々、曲を変えながら、記事をそのままにしておいた。

来てくださっていた方々全員に挨拶をしてから閉じようと。


もう、いいだろう・・・・・

もう皆さんに読んでいただけただろう・・・・・


それと・・・・


もう止めよう・・・・

過去をふりかえることも、
自分を理解してもらおうと、悪あがきすることも。


書けば書くほど、心は離れ、自分じゃなくなっていく。

苛立ちと不安と、哀しみと。


「あかね●●」は、開設して一月後には、心の中ですでに完結していた。


でも・・・・


葛藤した。
自分の心を抑えつつ、それが、苦しいものであったからこそ、
自分が見えた。


そして、強くなった。


叩くキーボード、パソコンの音、目の前の時計、カレンダー・・・・

今、全てのものに感謝している。


晩は、M-1グランプリ。

昨年、惜しくも1点差で優勝にいたらなかった「キングコング」。
心情としては、一等を取って欲しかったが。

上手いけど・・・・

見ていて苦しかった。笑えなかった。

優勝を意識しすぎた。

見る側のわたしも。


一年、いや、もっと短い期間で、世の中は回る。
新しいものが次々と生まれる。

その中で、いつまでも輝き続けるモノって何なんだろう。
小田さんはどうしていつまでも愛されるんだろう。


「優しさ」・・・・・?

相手を思う気持ち?


「NON-STYLE」は、心から笑わせてくれた。

どんなに大切に思っていても、自分の気持ちが先に立つと、
相手には伝わらないんだね。

「伝える」って、難しいね。



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記