2020年06月13日

医療・福祉機器メーカー フェースシールド無償提供!

昨晩、ネット検索していたら発見!

老舗の医療・福祉機器メーカーさんが無償でフェースシールドくださるって!

ただし、医療機関、福祉施設、リハビリ施設などのお客様を想定しての提供とのこと。

サイトはこちら→https://www.og-wellness.jp/whatwecan/

高機能素材でくもりにくい、前髪ある方もスムーズにかぶれる設計。

医療機器メーカーの自社作製品ですから、危ない品ではないと思います。

うちのステーションもさっそく申し込みしよ!

フェースシールド無償提供


posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年05月31日

5月が終わる!うそ、ひとつもアップしてない!

わあ、こんなことがあるんだー!

ブログ、13年続けていて、ひと月全くアップしていないなんて!

そりゃあ10年毎日続けて、11年目からサボることにしましたよ。

けど、ひと月開くなんて!

あわてて今、記事書いてます。

コロナ対策で頭いっぱい、その余波を受けて身辺整理熱が再開、のめり込んでいたせいだわ。

これって、状況に追いついていこうとする心理かしら?

世の中の機構が変わる、自分も変わっていかないと。

今までのものを捨て(かたをつけ)よ、って。

・・・と言いながらもブログアップは続ける、

5月アップ、0(ゼロ)はなんとしても避けなければと、急ぐ急ぐ(笑)

<追記>

石川の兄が送ってくれました。
株主優待品と、こちらでは高いだろうとマスクを買って。

兄さんからおくりもの

posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年04月26日

瀬戸内市旅行〜その4〜「牛窓・猫に追いかけられる」

2か月にわたって記録してきました瀬戸内市旅行。
最終回です。

おいしい食事をいただき、すがすがしいご来光を拝んだ「瀬戸の華」を出発、
牛窓に来たのだからオリーブ園に寄るべきか、それともどこか・・・?

どこの施設も開所まで時間あるし、待つのも面倒。
道の駅でも寄りながらぼちぼち帰ることにし、とりあえず牛窓町内を回ってみました。

瀬戸内海だ〜・・・うん?

牛窓1

牛窓2

そっかあ・・・しっかり載せますね。

牛窓3
(クリックで拡大)

町の中の細い道を歩いていると、小さな資料館が。自由に出入りできました。
そこで見たもの↓

牛窓4

牛窓5

へ〜〜〜〜〜。

牛窓6

かわいらしくてすてきな風習ですね。

そして・・・

町はずれに石の階段あり。登っていくと神社。

石段脇に、一匹・・・二匹・・・

わああああ、なんじゃこりゃ!!!!

牛窓7

牛窓8


写真を撮っていると・・・スリ・・・スリスリ・・・スルリ・・・ひっ!?

ふくらはぎに、でっかいトラ猫っ!

オー!ノー! (◎_◎;)!!!

早歩きで神社内の坂を上りました。走ったら飛びかかってきそうで。

振り返ると、

わあ、追いかけてきてるぅ!!!!(>_<)


坂を上り、別ルートで下り・・・なんとかまきました。

いや〜猫は嫌いじゃないし、昔飼ってもいたし、慣れているんですが、
あんなに好かれるとは。

猫ちゃんたちに会いたい方は、「五香宮」へ。
十匹以上います。

それにしても他にも人がいたのに、何故あたしにだけ???



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年04月17日

瀬戸内市旅行〜その3〜「牛窓宿泊・瀬戸の華」

ただ今、職場と近くのスーパー往復のみの生活です。
思えば2月末の連休が最後、ギリギリの旅でしたわ。
続き、書きます。

「仲ア邸」から少し足を伸ばし、刀剣の里・刀剣博物館を見学。
歴史ある名刀がズラリ!と展示してありました。
いや〜、すごい技術です、キラッキラでしたよ。

戦時中にたくさんの刀が接収されたそうです。
それでもご尽力下さった方のおかげでこうして残っていること、
ほんと良かったです。

さて、この日のお宿は瀬戸内市を南下、牛窓の「瀬戸の華」
昔なつかしい作りの和室で朝日が拝める所。

瀬戸内市はなんといっても海の幸のお食事が楽しみ。

以下、一泊12,500円(税込・平日は1万円前後)のコース料理載せます。

2月は牡蠣がメインですが、牡蠣ばかりじゃないコースを選びました。

瀬戸の華料理1

海老、踊ります!
瀬戸の華料理2

ちょっと食べてからカメラ思い出し、慌てて撮りました。
瀬戸の華料理3

アカン・・・日が空いたらなんというお魚か名前忘れました(^^ゞ
瀬戸の華料理4

瀬戸の華料理5

瀬戸の華料理6

あ!カニ食べてる!
瀬戸の華料理7

瀬戸の華料理8

撮り忘れましたが、まだこれにミニ鍋や天婦羅、炊き込みご飯、お吸い物も。
煮魚に行き着いた時点で、お腹いっぱい!
口は食べたいと言っているのに、全部は食べきれませんでした(>_<)

朝食。
瀬戸の華料理9

何日分のお魚を食べただろう。。。おいしかった。

最後に部屋から望んだ朝日。

瀬戸の華料理10


posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年03月27日

瀬戸内市旅行〜その2〜「備前福岡 仲ア邸」

さて、2月末の連休の旅行レポートの続き。

前回同様、瀬戸内市福岡地区です。

おうどんを食べた後、町中散策。
整った石畳、連なる塀、栄えた町だったのがすぐ分かりました。

仲ア邸という看板。中に入らせていただきました。

お休みの日にボランティアをしておられるという市会議員さんが
詳しい説明付きで案内してくださいました。

とにかくめちゃくちゃ手の込んだお家です。
施主の仲ア氏は建築にかなりのこだわりを持っていて、
識見と財力を使って、最高級の材料を仕入れ、
10数年かけて建てたそうです。

一番びっくりしたのは、塀の石、木材、すべて角取りして丸いこと!
旅行で数々の旧家を見学しましたが、こんな細かいところまでこだわった家は初めてです。

いたるところ、丸いデザインが使われています。
屋根の形状も軒がまあるくなるよう、瓦が並べられているんです。
案内の方がおられなかったら、気が付かなかったですね。
まさかこんなところまでこだわっているなんて思ってもないですから。

私が撮った写真では分かりにくかったので、下記、お借りしました。
とっても分かりやすい写真です。
トリップアドバイザーさん、お借りします

いたるところ、まあるくしてあるのは・・・
「世の中まるくまるく安泰でありますように」・・・
という施主さんの願いが込められているんだそうです。

写真載せます。
角が取れているのが分かるといいんですが。
以下、クリックで拡大します。

中ア邸1

中ア邸2

中ア邸3

中ア邸4

中ア邸5

中ア邸6

中ア邸7

中ア邸8

ふすまの引手。
部屋単位で違うのでふすまの表裏でデザインが違うんですよ。

中ア邸10

中ア邸11

中ア邸12

中ア邸13

大きな障子戸。

中ア邸15

中ア邸14

用足しの陶器はなんと翡翠!!

中ア邸16

中ア邸17

おしゃれですねー。この時代に上から下までガラスの大きな戸。

中ア邸9

10数年空き家状態になっていたのを地域住民の皆様のご苦労あって、
再生されたそうです。
日本の歩みをひしひしと感じさせ目にできる生きた建造物です。
ぶらりと行った所で、まさかこんな貴重なものが見られるなんて、
ほんと神様、ありがとう!


<追記>

3月に入って、インフルエンザ患者の報告数、入院数が激減してる。
前年同時期に比べても少ない。
新型コロナウイルス感染予防くらい意識すればインフルだって減らせるのね。
手洗い、よね。

仕事で合併症多々、80〜100歳の利用者さん宅に伺ってる。
もう、玄関前でカバンから衣服、消毒しまくり。
入ったら洗面所をお借りして手洗い。
体に触れるときは再度手の消毒。
この時勢、訪問させてくださるなんて、信頼していただけて感謝。
収束まで最低半年、集中保つ。

posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記